【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2021.7.16

タナカ、つくば創研、狭小耐力壁をバージョンアップ

適応範囲を拡大、非住宅にも対応

タナカ(茨城県土浦市、田中司郎社長)とグループ会社のつくば創研は、狭小耐力壁の適応範囲を拡大し、(一財)日本建築センターの評定を再取得した。従来品より対応階高の範囲を拡大したほか、床合板や金物工法との併用、非住宅での単独での使用が新たに可能になった。2021年度3000セットの販売を目指す。 「新・つくば耐力壁」の設置イメージ。狭小プラン、大開口プランへの使用に最適 タナカとつくば創研は、幅455…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事