お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.7.6

セコム、AI・5Gを使った警備ロボット開発

住宅への活用提案も視野に

セコムは、AI・5Gなどの最先端技術を活用して警備業務を行う、新しいセキュリティロボット「cocobo(ココボ)」を開発した。「分譲マンションなどでの活用も期待できる」と同社では話す。


今回、同社が開発したココボは、常駐警備員の代わりに巡回警備や点検業務を行うセキュリティロボットだ。これまでも巡回警備を行うロボットはあったが、不審な状況などを察知するわけではなく、ロボットの警備状況を遠隔で有人監視しながら警備を行っていた。警備業界も人手不足にあり、ロボットを使った業務効率の向上が大きなテーマとなっている。

警備業務ロボット「ココボ」

ココボとこれまでのロボットとの大きな違いはAIを搭載したことだ。巡回ルートを自律走行し、搭載したカメラでとらえた映像をリアルタイムでAI解析、ルート上の放置物などを自動で検知して防災センターに通報するという流れだ。画像AIによる異常検知では、放置物だけではなく、倒れている人や刃物を持った人などを検出する。ロボットが巡回中に不審者を発見した場合には、まずは音声やライトで警告。それでも不審者が退かない場合は、一瞬目が眩むほどの煙を放ち、威嚇する。

不審者を煙で威嚇することもできる

アームの装着もできる。例えば、ゴミ箱などの点検を行う際には、熱画像センサーやカメラを搭載したアタッチメントを使用。ゴミ箱などに危険物がないか点検することができ、アームを自在に動かしてベンチの下や自動販売機の奥側、底面などさまざまな場所の点検もできる。ハンド型アタッチメントを使えば、扉の施錠確認も可能だ。

建物内の監視カメラ映像、エレベーター・電気錠などの設備情報、施設や地域の情報などを、クラウドを介して共有・連携できるため、例えばエレベーター情報と連携させ、複数階を巡回することが可能だ。

ロボットの連続走行時間は約3時間。バッテリーの残量に応じて自動充電を行う。傾斜や凹凸などの悪路でも走行が可能で、巡回ルートに人などがいても自動で回避し、衝突を防ぐ。ガスセンサーによるガス漏れ検知や熱画像カメラによる火災監視の機能もある。防水機能も付いており、屋外での警備も可能だ。ロボットは、安全確保を担う常駐警備員の“視覚・聴覚・臭覚・触覚”と“判断力”を備え、一部の能力は警備のプロをも上回るという。

6月から試験運用を開始し、2021年内の発売を予定している。同社は、まずは商業施設などでの利用を想定するが、常務執行役員企画開発担当の上田理氏は「分譲マンションや規模の大きい戸建分譲地でも利用が可能。例えばマンションならば管理事務所と連携すれば、効果的な警備が期待できる」と住宅への活用提案も視野に入れる。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.629(2021年20号)

特集:

蓄積されるエビデンスの最前線

住まいの温熱環境が居住者の健康を大きく左右する──そのエビデンスが着実に蓄積されつつある。
断熱性や気密性を高めることは暮らしの快適性につながるだけでなく、健康にも影響することは従前から指摘されてきたが、これらは経験や体験に基づくものであり、医学的なエビデンスに裏打ちされたものではなかった。
しかし、ここ10年間ほどの間に温熱環境と健康に関する研究が進み、その成果がまとまり始めている。
温熱環境と血圧、睡眠、虚弱、皮膚疾患などとの関係が明確になりつつあるのだ。
高性能住宅は、省エネ性や快適性などだけでなく、こうした健康面での価値を持つ。
住まいづくりも大きく変わりそうだ。
それぞれの分野の学識経験者に、研究の最前線、その影響などについて聞いた。

住まいと健康
慶應義塾大学理工学部システムデザイン科 教授 伊香賀俊治氏
温熱環境と睡眠
関西大学環境都市工学部建築学科 教授 都築和代氏
温熱環境と高血圧
自治医科大学循環器内科学部門 教授 苅尾七臣氏
温熱環境と皮膚疾患
岐阜工業高等専門学校建築学科 教授 青木哲氏
温熱環境と虚弱
北九州市立大学国際環境工学部建築デザイン学科 准教授 安藤真太朗氏

目次を見る

関連記事