お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.6.22

ベンチャーマテリアル 医療、学校向けの高機能カーテンを一般向けに展開

熱中症対策に加え、省エネの効果も

これまで医療機関や介護施設、オフィス、学校などに販売してきた多機能カーテンを一般住宅向けに販売する。熱中症対策だけでなにく省エネなどの効果も期待される。


ベンチャーマテリアル(東京都中央区、宿利成章社長)が、医療施設や学校施設などに向けて販売してきた採光・遮熱・制菌加工を施した高機能カーテン「エコフィックスProⅡ」を、一般家庭向けに販売する。

遮熱、断熱、採光、制菌など、さまざまな機能を持つ「エコフィックスProⅡ」。同社は、床暖房システムの製造・販売、各種の省エネ商品の販売を行っている

「エコフィックスProⅡ」は、極細繊維をさらに高密度の綾織にすることで、生地表面の温度を上昇させる近赤外線を63.6%カット。カーテンやシェードとして開口部に用いることで熱の出入りを抑制し、空調効率をアップさせることができる。

また、断熱性も高く、3mm単板フロートガラス(アルミサッシ窓)にロールスクリーンとして使うと、その熱貫流率は3.34(W/㎡・K)と12mmペアガラスと同等以上の断熱効果が期待できる。

さらに採光面でも、繊維が扁平なことから、太陽光を乱反射させ、光が均一に拡散透過し、やわらかな光を部屋に広く届けることができる。

加えて、医療現場で使用することが許可された制菌加工を施した業務用繊維製品であることも大きな特長だ。抗菌加工は嫌な臭いが発生しない程度に菌の増殖を抑えるというもの。これに対し、制菌加工は繊維などに付着した菌の増殖を防ぐ。(一社)繊維評価技術協議会が認証制度「SEKマーク」を制定しており、「エコフィックスProⅡ」は、医療機関、介護施設、行政機関などが必要と認めて指定する業務用の繊維製品を対象として付与する制菌加工済み認証マーク「制菌加工 SEKマーク(赤)」を取得している。

これまで医療機関や介護施設、オフィス、学校、百貨店など施設向けに販売してきており、140件以上の施工実績を持つ。例えば、夏場の熱中症対策に悩む学校に導入したケースでは、窓全面に「エコフィックスProⅡ」を設置したところ、教室内の温度が7.9℃下がり、カーテンを閉めても教室の奥まで光が届き、照明が不必要なほどの明るさを保ったという。

手軽に熱中症対策を

同社は、特に室内における熱中症が深刻化していることに対応。「外出自粛やリモートワークなど、自宅で過ごす時間が多くなるなか、十分な対策を取ることが必要」と、「エコフィックスProⅡ」の一般住宅向け販売を開始した。内窓設置などに比べて手間やコストがかからず、手軽に対策が取れることが大きなポイントで、省エネ対策も図れるだけでなく、制菌加工品であることから、コロナ禍の住空間にも安心して使用できる。

同社では「カーテンなどインテリア製品ではなく建材として開発した」と機能性を重視し、寸法指定で購入が可能。カーテンや各種シェードなど、さまざまな使い方が可能だ。縦200㎝×横180㎝(フラットカーテン)の場合の価格目安は2万4200円となっている。

すでにガス会社と連携して一般家庭向けの提案を始めているほか、床暖房や珪藻土などの商品で開拓した住宅事業者、建材流通などの販路で販売していく。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.628(2021年19号)

特集:

住産業はどう対応する?

社会が大きく変わりつつある。
環境対策は待ったなしの緊急課題で、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが急展開している。
少子高齢化は、わが国の人口構成を大きく変え、これまでになかった社会を迎えつつある。
また、地震や台風などの自然災害の激甚化・頻発化は気候変動への対策とあわせ、その対策が強く進められつつある。
さらにコロナ禍は、働き方改革やデジタル化を好むと好まざるとにかかわらず、強制的に進めることになった。
こうしたなかで人々の暮らしも変わりつつある。
生活を支える住産業は、こうした変化にどのように対応していくのか──。
各省庁がまとめた白書をベースに、さまざまなデータを紐解いた。

目次を見る

関連記事