お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.6.17

ノダ、マンションリノベ向け内装建材の提案を本格化

セレクションブランド「MRS」を創設

ノダはマンションリノベーション向け内装建材の提案を本格的に行っていく。セレクションブランド「MRS」を創設し、成長市場であるマンションリノベーション市場を開拓していきたい考えだ。


ノダはMRS のカタログを4月に発刊

新築住宅着工が減る中、今後の成長分野としてストック市場に注目が集まっている。中でも、既存マンションの買取再販や、既存マンションを消費者自身で購入し自分好みにリノベーションするニーズが、首都圏都心部の若年層を中心に高まっている。

こうしたことから、ノダは新たにマンションリノベーション向け内装建材の提案を本格的に行っていく。セレクションブランド「マンション リノベーション セレクト(MRS)」を創設、専用カタログを4月に発刊した。

同社の内装建材の販売先の多くは新築戸建住宅を事業の主とする工務店やビルダーであり、これまでマンションリノベーション向けの提案はほとんどできていなかったが、「今後は新築が減っていく中で、リノベーションの需要へも対応していかなくてはならない」(同社)と、MRSの提案に力を入れていく。

マンションリノベに対応した
デザインやサイズを揃える

MRSは、ノダが既に販売している内装建材ブランド「BINOIE(ビノイエ)」と「Mode Collect(モードコレクト)」の中から、マンションリノベーションに向いた商品(床材・建具・収納など)をセレクトしたものだ。

床材は二重床対応の1×6サイズが24柄、直貼り防音は29柄あり、豊富なバリエーションを用意している。建具・造作材については、BINOIEからは様々なテイストの住宅に幅広く調和する汎用性の高いデザインを、Mode Collectからは都会的でスタイリッシュなデザインをMRSのラインアップに選んだ。

Mode Collectからは都会的でスタイリッシュなデザインのものをMRSのラインアップに選んだ

マンションリノベーション向けとして、現場への納入のしやすさにも配慮した。巾木などの造作材で従来の半分程度の長さの1970mmタイプを新たに用意。マンションリノベーション業者が多く利用する軽トラックに積み込みやすく、エレベーターにも乗せやすいサイズにした。

また、施工でも仕様が千差万別である既存マンション向けに、細かな対応も行う。例えば、ドア枠については、トイレなどの段差があるところに使用する場合はより高さが必要になるため、新たに2235mmの高さのものを用意し、最大で202mmまでの段差に対応できるようにした。

営業体制も強化していきたい考えだ。従来は、マンションリノベーション分野を得意とする建材流通事業者とは取引が多くなかったが、「今後は付き合いを深め、パイプをより太くしていきたい」(同)としている。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事