【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

つながり合うことが価値ある未来を拓く、改修を進め着実な成果を

現況から未来に向かう住宅部品(その2)

近年の住宅部品の実態から、暮らしに定着した住宅部品は改修等を通じより良い暮らしの実現に貢献してきたが、それには長い年月がかかったことを確認した。膨大な既存住宅を改修して住生活全般の水準を更に上げようとする場合には、超高齢社会の現在では、高齢者が暮らす古い住宅の改修をせざるを得ず、水回りの部分的改修ですら、かなりの困難がともなうと考えられる。 それでは、激変する環境や社会状況、自然災害への対応等を踏…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事