お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2020.3.23

飛島建設、住友林業、ミサワホーム LP-SoC工法の評定をBCJから取得

軟弱地盤対策で丸太の利用に弾み

飛島建設と住友林業、ミサワホームの3社で共同開発する、軟弱地盤に丸太を打設し、地盤と丸太の複合地盤で建築物を支える工法の評定を一般財団法人日本建築センター(BCJ)から取得した。


今回、評定を取得したのは「丸太打設軟弱地盤対策&カーボンストック工法(LP-SoC工法)」。3社は2018年1月に、木材による地盤補強工法「丸太単体の支持力の設計手法等」に対する評定を取得しており、今回それをさらに発展させた。LP-SoC工法を使うことで丸太の打設本数を減らせ、コスト削減が可能となる。「今後、戸建て住宅や集合住宅と共に、非住宅の建築物などにも展開し、普及を拡大したい」(飛島建設)と期待する。

既評定とLP-SoC工法設計方法の比較

現在、非住宅などの分野で木材振興が行われている。軟弱地盤対策に木材を使用するというのもその1つ。木杭による軟弱地盤対策は1950年代頃まで多く行われてきたが、その後の森林資源の枯渇などから使われなくなっていた。

軟弱地盤対策に木材を使用することで、木材を大量かつ長期的に使うことが可能に。また、炭素を地中に長期固定するため、温室効果ガスを純減させ、持続可能な社会の構築に貢献できることなどから、3社などで構成する木材活用地盤対策研究会を通じて工法の共同開発を進めている。

これまでの評定では、スウェーデン式サウンディング試験(SWS)結果に基づく丸太単体の鉛直支持力の設計手法、施工方法、現場品質管理方法が認められていた。今回の評定取得により、標準貫入試験(SPT)、およびSPTとせん断試験の組み合わせによる設計が可能となった。

それにより、地盤の評価精度が向上し、試験方法に応じて丸太の特長を生かし鉛直支持力を合理的に評価できる。また、これまで無視してきた軟弱地盤の建築物を支える力についても積極的に取り込み、地盤の不足分を丸太の鉛直支持力で補うという設計方法を確立したことで、丸太の配置を減らすことが可能に。「施工コストは、既評定による方法に比べて大幅に低減する」(飛島建設)という。

腐朽や蟻害による生物劣化を抑えるため、丸太は基本的には頭部を地表から0.5m以深の常水面以深に設置する。

LP-SoC工法は、建築物の高さ、軒高、階数や構造に関係なく、接地圧が50kN/平方メートル以下で延べ面積が3000平方メートル以下の建築物が対象。戸建て住宅や集合住宅に加え、事務所、幼稚園、高齢者施設、集会所、店舗、工場、倉庫などの非住宅物件への適用も想定している。住友林業は「コストメリットが期待できそう」とみる。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事