三井不動産、オフィスビルでの災害発生時の“実践力”磨く

炎や煙も体験できる技術研修施設を公開

三井不動産は、オフィスビルなどの運営管理を学ぶ訓練施設を公開した。エレベータの閉じ込めによる救出など、座学だけでは習得できない“実践力”を磨く施設だ。 施設は「三井不動産総合技術アカデミー」。つくばエクスプレス(TX)の「柏の葉キャンパス」駅近くにある。2階建てで延べ床面積は4500㎡。三井不動産ファシリティーズや三井不動産ビルマネジメントなど三井不動産グループでビル管理に携わる2000人弱の社員…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.621(2021年11号)

特集:

ストック市場拡大の起爆剤になるか

中古マンションの買取再販市場が拡大している。
「リノベーション」への認知度が高まり、中古住宅の「不安」「汚い」「わからない」といったマイナスイメージが払しょくされ、昨今の新築マンションでは求めにくい、消費者の“値ごろ感”や“住みたいエリア”へのニーズに対応できるためだ。
それに伴い新規参入が後を絶たない。中古マンションの買取再販市場の最前線を追った。

目次を見る

関連記事