2020.12.24

東急Re・デザイン、ウィズコロナを見据えたオフィス空間を提案 

リアルを重視、“オフィス不要論”を一蹴

東急Re・デザインは、アフターコロナを見据えたオフィス空間の提案に本腰を入れ始めた。在宅勤務が広がり、一部で“オフィス不要論”がある中、リアルオフィスの価値を訴求する。

オフィスだからこそできる作業を意識した空間設計をしている

新型コロナウイルス感染症によるテレワークなどの広がりから、会社へ出社して仕事をするという従来のスタイルが変わってきている。コロナの収束が見通せない中、出社制限を設けている会社も少なくない。同社はウィズコロナ・アフターコロナによる在宅勤務をはじめとする多様な働き方を踏まえ、新たなオフィス空間提案を自社オフィスの一部を使って始めた。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.613(2021年2号)

特集:

新たな暮らしに求められ、急拡大する新市場

新型コロナウイルス、デジタルテクノロジー、新交通など社会がドラスティックに変化しつつあるなか、人々の暮らしも大きく変わりつつある。
これまで暮らしのなかでのニーズや困りごとに対して、さまざまな住生活サービスが提供されてきた。
しかし、社会環境や生活スタイルが大きく変わり、また、さまざまな分野での技術革新が進むなか、住生活サービスにおいてもパラダイムシフトが起こっている。
今、どのようなサービスが求められ、急成長しつつあるのか――。
6つの新・生活サービスを追った。

目次を見る

関連記事