【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2020.12.15

AGC、200億円投じ協創型の研究棟開設

外部の視点採り入れオープンイノベーション

AGCは総工費200億円を投じ、AGC横浜テクニカルセンター内(横浜市鶴見区)に、社内外の協創を加速させる協創空間「AO(アオ/AGC OPEN SQUARE」を設けた新研究棟をオープンした。 新研究棟1階には、AGC の素材や技術を生かしたインスタレーションなどを展示する「AO Gallery」を設置 同社の平井良典代表取締役専務執行役員CTOは、「当社は素材メーカーとして、祖業のガラスに加えて…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

2022.2.15

真空ガラスのJIS制定 窓の高断熱化に拍車

ストックの断熱改修など、新市場活性化に期待

BIMパーツ作成へ 窓から検討開始

納まり標準図の作成で業務効率化