2020.9.11

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

気候変動×防災に舵を切る

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)表紙

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

発行元:創樹社 

創樹社WEB BOOK SHOPで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼS EYES

災害は生じるもの
コロナ禍で再認識される"緑"の価値

気候変動×防災に舵を切る
自然を活用し災害をいなす時代へ

TOPICS&NEWS

国交省 新型コロナに対応したまちづくりで方向性
重説時の水害リスクの説明義務化始まる
相次ぐテレワーク対応の賃貸住宅
ワーケーションの取り組みが加速
マンション管理計画認定の基準素案を公表
住友林業 CLTで災害時移動式応急仮設住宅開発へ

INTERVIEW

スウェーデンハウス 村井秀壽 社長
ブレない経営で顧客を開拓

スマカチ通信⑦ どう使う気象データ

座談会

在来木造の工業化、そのコストメリットを徹底検証

積水ハウス ライフスタイル型モデル7棟をオープン

大和ハウス工業 65発の花火に込めた団地"再耕"の思い

PICK UP

Standard 3棟の木造住宅を1日で同時上棟

魅せる、映える外壁材
本物の質感を追求 素材回帰の動きも

連載 

新・住まい学【前編】 読書と住まい fuzkue 店主 阿久津隆 氏
金丸レポート【田舎再生の現場から】 case.9 静岡県熱海市①
食環境ジャーナリスト 金丸弘美 氏

CLOSE UP

三菱地所ホーム 新構法採用の戸建ブランド「ROBRA」を設立
パナソニック ライフソリューションズ社 新商品投入でエコキュートの販売を強化
(一社)日本木造住宅産業協会 資産価値向上に協会あげて取り組み

FLASH

大和ハウス工業 3階建て戸建住宅で新商品を投入
ポラスグループ・中央住宅 "快眠住宅"の提案を強化、シリーズ化へ
トヨタホーム HV車から住宅への直接給電システム
アキュラホーム 地球の森守りプロジェクト始動
パナソニック ライフソリューションズ社 災害対策の啓発を強化
ZMP 自動走行一人乗りロボの定額シェアを開始
ダンドリワークス、ユアサクオビス マンション工事の予約管理システムを提供
(一財)住まいづくりナビセンター 地方建築住宅センターなどとの連携を強化
(一社)防災事業経済協議会 防災対策を収益化し社会のレジリエンス力向上へ