その他 |  2020.9.16

ダンドリワークス、ユアサクオビス マンション工事の予約管理システムを提供

居住者との日程調整業務の負荷を大幅に軽減

ダンドリワークスとユアサ商事のグループ会社であるユアサクオビスは、マンション工事の予約管理システム「ITENE」(イテネ)の提供を開始した。居住者との工事日程調整業務の負荷を大幅に軽減する。

集合住宅の工事日程の調整業務を大幅に効率化する予約管理システム「ITENE」(イテネ)

ダンドリワークスでは、建築業界向けの現場管理アプリ「ダンドリワーク」を運営している。また、ユアサクオビスは、住宅設備などの販売と設置工事などを行っている。5万戸を超える集合住宅向けのインターホン改修工事を行っており、今回の「ITENE」はこうした業務に関する課題を解消するために両社で開発したものだ。

マンションなどの集合住宅で専有部の改修工事を行う場合、居住者との工事日程の調整が必要になる。日程調整のためのチラシを全住戸に配布し、それを回収した後で居住者の希望にそって工事日程を調整する。

工事希望日が集中した場合などは、再度の希望日をヒアリングすることもあり、場合によってはクレームにつながることもある。

ユアサクオビスの試算によると、1物件(平均50戸)の日程調整に平均28時間を要するという。この業務負荷が「担当者の肉体的、精神的な負担となり、長時間労働の要因にもなっている」(ユアサクオビス・村山英明社長)。

こうしたなか「(ユアサクオビスから)2年以上前に原形になるお話をいただき、現場を知るIT事業者として、集合住宅の営繕・修繕工事の“困った”を解決するシステムの開発に着手した」(ダンドリワークス・加賀爪宏介社長)という。

左からユアサクオビスの村山英明社長、ユアサ商事の田中謙一専務取締役、ダンドリワークスの加賀爪宏介社長

28時間を要した作業が約9時間に

2社で開発した「ITENE」は、工事の予約管理をデジタル化するもの。このシステムを使い工事日程を調整するには、まず管理会社がチラシなどをポスティングし、専用予約サイトのQRコードを案内する。居住者は、そのQRコードをスマートフォンなどで読み取り、専用予約サイトにアクセスし、空いている予定に予約を入れることができる。工事会社などが日程調整を行う必要がない。

スマートフォンなどに不慣れな居住者のために、専用のコールセンターも用意しており、電話での予約にも対応する。

このシステムを利用することで、平均28時間かかっていた1物件当たりの日程調整作業が、約9時間までに削減できるという。

両社では、協同で販売活動を行っていく方針で、2023年3月までに年間8000工事での採用を目指し、3億円の売上をあげていきたい方針だ。

価格は、年間に数回だけの利用の場合、物件数×工事登録料(2万円)+住戸数×700円。年に10回以上利用する場合は、初期費用20万円+月額利用料2万円と物件数×工事登録料1万2000円+住戸数×700円が必要となる。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.606(2020年18号)

特集:

地に足のついた営業で一足先に受注回復へ

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言解除から3カ月が過ぎた。
一時は休業停止に追い込まれた数多くの住宅展示場も客足が戻りつつある。
客との対面でのやりとりができなくなる中、住宅メーカー各社が緊急対応として取り入れたオンラインによる打ち合わせやVRなどの導入によるWebの強化策。
2ケタ台の落ち込みが相次ぐ7月に、一足早く前年対比を上回ったメーカーから見えてきたのは、地に足のついた営業姿勢だった。
一部では非対面での住宅営業が進むとの見方もある中、他よりも一足早く受注が回復したにメーカーでは、「地道に丁寧な営業を重ねた結果で、奇をてらった対応はしていない」と口をそろえる。

目次を見る

関連記事

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)表紙
Housing Tribune |  2020.9.11