【お知らせ】4月末から5月にかけて、サイトが繋がりにくい現象がございました。現在は解消しています。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2020.8.28

パナソニック ライフソリューションズ社、リノベ提案拠点でオンライン集客・接客を開始

来場のハードル下げ、広域での集客へ

パナソニック ライフソリューションズ社は、リノベーションの提案拠点でオンラインでの集客・接客を開始した。来場のハードルを下げ、広域での集客につなげたい考えだ。


TOKYO リノベーション ミュージアムのオンラインサイト

パナソニック ライフソリューションズ社(以下、パナソニック)は、2019年4月から「TOKYO リノベーション ミュージアム(TRM)」(東京都港区)の運営を行っている。

同ミュージアムは一般的なショールームとは異なり、自社商品の直接的な営業活動を目的としない。リノベーションの一般知識やリノベーション後の暮らしを快適にするノウハウ、ライフスタイルにあったリノベーションのテイストなどを知り、学ぶことでリノベーションしたい気持ちを高めてもらうことが主眼だ。そして、実際にリノベーションしたい場合はパナソニックが組織化しているリフォームショップに工事を依頼できるようにしている。

TOKYO リノベーション ミュージアムで開催しているイベント・セミナーの様子

TRMの満足度は96%と高く、来場者も好調に推移していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により5月末まで臨時休業に追いやられた。6月から営業を再開したものの以前より来場者数は減少傾向にある。

こうしたことから、パナソニックはTRMに来場できない、あるいは来場することに対して不安感を持っている人などに対し、オンラインを活用した集客・接客の取り組みを開始した。

集客の取り組みでは、TRMのリアル会場で開催するイベント・セミナーをオンラインでも配信。インスタライブを通じて実施したところ、6000回以上の視聴回数を得たという。

接客の取り組みでは、複数人でのガイドツアーを実施。360度体感できる「バーチャルミュージアム」を活用し、TRM内をスタッフが案内する。

また、さらに興味のある人に対しては、パーソナルツアーやコンシェルジュへ相談できる体制も整えている。

新型コロナウイルスの影響で取り組み始めたオンライン集客・接客だが、集客力や来場者の負担軽減などのメリットがあるため、今後も取り組みに力を入れていきたい考えだ。

特に、従来より広域での集客を見込める点に注目している。これまで、利用者は首都圏在住者が大半で、首都圏以外からの利用は1割にとどまっていたが、オンラインを活用することで首都圏以外の利用者を3割程度まで増やしていきたい考え。全国のショールームとウェブでのプロモーションを通じ、TRMのオンラインサービスの認知を広げていく方針だ。

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)

特集:

ハウジング・トリビューンは、住宅事業者の商品開発担当者などを対象に、今後の住宅商品開発の方向性を探るアンケート調査を実施した。

「省エネ」、「再生可能エネルギー活用」、「木材利用」、「リサイクル」、「蓄エネ」、「防災・減災」、「温熱環境」、「空気環境」、「在宅ワーク」、「非接触」、「IoT・IT」、「家事支援」、「高齢者対応」、「子育て支援」、「リフォーム対応」、「長寿命化」、「高意匠」、「省施工」、「DIY」、「その他」という19項目の中から、商品開発を進めていく上で注力したいテーマを3つ選択してもらった。

また、その中でも特に注力したいテーマと、なぜそのテーマを選択したのか理由を聞いた。
アンケート結果から、あるべき未来の住宅像が浮き彫りになった。

目次を見る

関連記事