お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2020.8.6

三協立山、国際事業統括の平能専務が新社長に就任

アルミ社新社長にはエクステリア事業部長の西氏

三協立山は取締役会を開催し、新社長に専務で国際事業を統括する平能正三氏が就任する役員人事を決定した。また、三協アルミ社の新社長には、エクステリア事業部長の西孝博氏が就く。


7月9日、取締役会を開催し、取締役専務執行役員で国際事業を統括する平能正三氏が新社長に就任することを内定した。2013年から7年間代表取締役社長を務めた山下清胤氏は、相談役に退く。また、取締役常務執行役員の黒崎聡氏が副社長に就任する。三協アルミ社の新社長には、中野敬司氏に代わり同社エクステリア事業部長の西孝博氏が就任。中野氏は三協立山の特別顧問に退く。8月27日開催予定の定時株主総会後の取締役会で正式決定する。

右から、三協立山の相談役に退く山下氏、新社長の平能氏、副社長の黒崎氏、三協アルミ社新社長の西氏

山下社長は、「成長戦略『ビジョン2020』を掲げ改革を進めてきた。2011年当時、売上げの8割以上が建材事業であり、建設需要が落ちると一気に業績が悪化する企業体質であった。建材以外のウエートを高めようと、マテリアル事業と商業施設事業を成長分野として定め、さらに海外事業、リフォーム事業の強化にも取り組んだ。現在、建材事業が6割、それ以外が4割となり事業バランスの平準化が進んだことは評価できると思っている。しかし、残念ながら現状では、海外事業、特にヨーロッパの赤字が影響し、他の事業の足を引っ張っている」と振り返り、「企業が永続発展していくためには、経営のバトンを渡していくことが重要。社長交代は数年前から検討していた。平能社長は一言でいえば前向きな人。黒崎副社長は緻密、冷静な人。新経営体制の下で改革を進めてもらいたい」と期待を込めた。平能新社長は、「新型コロナウイルスの感染拡大により、社会経済ともに大変厳しい状況が続いているが、山下社長の改革を引き継ぎ、新役員とのチームワークを強化しながら安定的な成長を遂げていける企業に発展させていきたい。国際事業をいかに早く収益化できるかが喫緊の課題」と社長就任の抱負を述べた。

欧州の自動車の操業停止など影響
海外事業の立て直しが喫緊の課題

併せて、2020年5月期の連結業績を発表した。国内の消費増税後の反動減や、新型コロナウイルス感染拡大の影響などにより、売上高は前年度比7.1%減の3136億9100万円。全事業でコスト削減を強化したこと、建材事業で一部商品の価格改定を進めたことに加え、商業施設事業で業務効率化などにより、営業利益は同173%増の20億1500万円となったが、株式評価損の発生、子会社の減損などにより当期純損失は15億3300万円と減収減益となり、3期連続の赤字となった。

不振が続くのは、国際事業で売上高は同12.7%減の410億9700万円。欧州での自動車関連の操業度の低下などにより、セグメント損失は42億900万円となった。
「赤字が継続する国際事業の改革が最大の課題であり、早期の立て直しに注力していく」(山下社長)考えだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.628(2021年19号)

特集:

住産業はどう対応する?

社会が大きく変わりつつある。
環境対策は待ったなしの緊急課題で、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが急展開している。
少子高齢化は、わが国の人口構成を大きく変え、これまでになかった社会を迎えつつある。
また、地震や台風などの自然災害の激甚化・頻発化は気候変動への対策とあわせ、その対策が強く進められつつある。
さらにコロナ禍は、働き方改革やデジタル化を好むと好まざるとにかかわらず、強制的に進めることになった。
こうしたなかで人々の暮らしも変わりつつある。
生活を支える住産業は、こうした変化にどのように対応していくのか──。
各省庁がまとめた白書をベースに、さまざまなデータを紐解いた。

目次を見る

関連記事