住宅 |  2020.7.20

益田建設、複数工務店と住宅のネット販売開始

大型パネル採用で高い施工精度を確保

益田建設は、全国の地域工務店と共同で、規格型住宅をネット販売する全国初の取り組みを開始した。大型パネルを採用し高い施工精度を確保。エスクローの仕組みを導入し資金管理の安全性にも配慮した。


(一社)工務店フォーラムに参加する全国の地域工務店が主体となり、規格型住宅のネット販売を開始した。コロナ禍の影響で、住宅展示場などでの対面営業が難しくなったことから、ハウスメーカーなどが取り組む住宅のネット販売の手法が注目を集めているが、複数の工務店が集まり、全国エリアで規格型住宅のネット販売を行うのは全国初となる。

マイホームマーケット上に掲載された「タフハウス プラス」。ネットでモノを買うことに慣れた若い世代へのアプローチを強化する

(一社)工務店フォーラムが監修した3タイプの規格型住宅「タフハウス プラス」を、日本ユニシスが展開するバーチャル住宅展示場「マイホームマーケット」に掲載し販売する。マイホームマーケット上では、様々なハウスメーカーの規格型住宅の「価格」や「間取り」を比較検討できる。この取り組みを先導するのは、埼玉県八潮市を中心に木造建築・RC建築・不動産事業などを展開する益田建設だ。同社は2015年、(一社)工務店フォーラムを立ち上げ、工務店支援事業を推進し、経営効率化や技術開発に関する支援などを行っている。

(一社)工務店フォーラムは非営利団体であるため、今回の取り組みでは規格型住宅の監修という立場にとどまり、益田建設のグループ会社で、工務店向けにビジネスモデルの企画、商品技術開発支援を行うマスイデアが、規格型住宅をつくり、ネット販売の仕組みを構築した。益田建設をはじめ、工務店フォーラム会員で、この取り組みに賛同する全国の地域工務店が規格型住宅の販売・建築を行う。ネット上で申し込みが完了した地域の、最寄りの工務店が施主と請負契約を結び建築を担う。

益田建設技術企画開発部の鈴木強部長は「ネットでモノを買うことに慣れた若い世代の客層にいかにアプローチしていくか。工務店一社で住宅のネット販売を行うことはコスト的に厳しいが、複数の工務店が集まり費用を負担し合い、仕組みをシェアすることで、新しい販売チャネルを持つことができる」と話す。

最高水準の耐震・断熱性能
エスクロー導入し安心感も

工務店フォーラムが監修した「タフハウス プラス」。画像上から、「ナチュラル」、「シンプル」、「モダン」の3タイプを用意した

「タフハウス プラス」には、工務店が販売するネット専用の規格型住宅として、消費者が納得、安心して購入できるように3つの特長を持たせた。1つ目は、ウッドステーションが展開する大型パネルの採用だ。柱、梁、断熱材、サッシなどを工場で加工、組立しユニット化することで、寸法・直角の精度をきわめて高くつくることができ、断熱材を隙間なく充填することができる。その大型パネルを現場に搬送し、クレーンで組み上げることで、一日で上棟、サッシ、断熱、防水工事及び防犯対策までが完了。工業製品として高い施工精度を確保する。

2つ目は、高い耐震性能と断熱性能の明示だ。微動探査で地盤解析を行い「耐震等級3」の耐震性能を確保したうえで、ビル建築などで用いられる「時刻歴応答解析」を実施して阪神淡路大震災の2倍の地震の揺れを受けても損傷がないことを確認する。また、倒壊シミュレーションソフト「Wallstad」を用いて地震の力で構造体の部材や接合部がどのように変形していくのかを見える化。一般住宅と比較し、どのように倒壊被害が抑えられるのかを分かりやすく示す。

さらに、断熱性能等級・エネルギー消費量の最高等級をクリアしたうえで、基準の2倍以上の外皮性能を持たせるオプション仕様も用意した。「工場でつくる大型パネルを採用することで、優れた耐震性能、断熱性能を確保しやすくなる」(鈴木部長)。

3つ目は、商取引の安全性の確保。信頼の置ける第三者を仲介させて取引の安全を担保する「エスクロー」の仕組みを導入し、「明確な価格と資金管理・完成保証」の安心も付与した。建築資金すべてを信託口座に預託し、工務店ではなく第三者が資金管理を行う。万が一、工務店が建築事業を継続できなくなっても、他の工務店がバックアップに入り追加費用なく住宅が完成する完全なエスクロー完全保証を行う。

鈴木部長によると、同社が販売する住宅のうち、直接店頭に来店して契約に至るケースは全体の6割ほど。残りの4割は、リクルートが駅ビルなどに出店する「スーモカウンター」経由や、住宅売買のマッチングサイト経由などの間接販売が占め、その割合は年々高まってきているという。

工場でつくる大型パネルの高い施工品質の強みを生かし、工務店が工業化住宅をネットで販売する。新しい住宅販売の形として注目を集めそうだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.604(2020年15・16号)

特集:

求められる安全安心と心地よさ

新型コロナウイルスの影響により、住まいへのニーズが変化しつつある。
飛沫感染、接触感染、空気感染のリスクを低減し、安全安心な住空間を実現するためには、どのような対策が有効なのか。
「非接触」、「抗ウイルス」、「換気」などのキーワードがクローズアップされている。

一方で、在宅勤務が広がり、家で過ごす時間が増える中、「家時間をより快適に過ごしたい」、「仕事に集中できる個室が欲しい」といったニーズが顕在化し、プランニングや間取りなどにも変化の兆しが見え始めている。

ハウジングトリビューン編集部では、住宅事業者、デベロッパー、建材・設備メーカーなどにアンケートを実施。
コロナ禍のなかで変わる住まいの姿を浮き彫りにする。

目次を見る