iYellグループ 窪田光洋 代表取締役社長兼CEO 

コロナ禍の今こそ住宅ローン選びの最適化を推進したい

デジタルテクノロジーを活用し、ユーザーごとに最適な住宅ローンの提案を行う住宅ローンテック企業のiYellグループ――。メガバンク、都市銀行、地方銀行、信用金庫、労働金庫など、多くの銀行と次々と提携を拡大させている。勢いを増すiYellグループの今後の展望などについて、窪田光洋 代表取締役社長兼CEOに聞いた。


──iYell グループの提供している「住宅ローンプラットフォーム」サービスについて教えてください。

iYellグループ 窪田光洋 代表取締役社長兼CEO
iYellグループ 窪田光洋 代表取締役社長兼CEO

住宅ローンプラットフォームは、消費者と金融機関、または住宅事業者と金融機関の間に入り、住宅ローン業務を最適化するサービスです。

消費者はどの金融機関の住宅ローンが自分に最適か判断するのは難しいですし、労力を必要とします。このため、最適な住宅ローン選びを住宅購入先の事業者に依頼することもありますが、今度はその住宅事業者の負担が増えます。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.613(2021年2号)

特集:

新たな暮らしに求められ、急拡大する新市場

新型コロナウイルス、デジタルテクノロジー、新交通など社会がドラスティックに変化しつつあるなか、人々の暮らしも大きく変わりつつある。
これまで暮らしのなかでのニーズや困りごとに対して、さまざまな住生活サービスが提供されてきた。
しかし、社会環境や生活スタイルが大きく変わり、また、さまざまな分野での技術革新が進むなか、住生活サービスにおいてもパラダイムシフトが起こっている。
今、どのようなサービスが求められ、急成長しつつあるのか――。
6つの新・生活サービスを追った。

目次を見る

関連記事

2020.7.10

ハウジング・トリビューン Vol.602(2020年13号)

ステイジモト 新型コロナ禍で見直される地域の力