【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

大和ハウス工業、神奈川・藤沢市にコンセプトハウスを設置

遠隔授業やテレワーク、スポーツ観戦、ショッピング… 大型モニター使い、202X年のみらいの暮らしを提案

玄関開けたらロボットがお出迎え、臨場感あふれる学習塾の講義を自宅にいながら受ける…。202X年を想定した住まいの提案を大和ハウス工業が始めた。神奈川県藤沢市にある分譲地「セキュレアシティ藤沢 翼の丘」にコンセプトハウスを設置。ポストコロナで人の行動変容が起きる中、“家族のつながり”をキーワードにIoTなどを使いながら、攻めの姿勢を鮮明にしている。 セキュレアシティ藤沢 翼の丘」に設置したコンセプト…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

2022.7.12

徹底解剖!人気の規格型住宅

変化の時代に住宅のプロダクト化が進行

2022.6.23

大和ハウス工業、つくばに実店舗「LiveStyle Shop」開設

住まいや暮らしのニーズにワンストップで対応

2021年度決算 [住宅]

見え始めた大手ハウスメーカーの成長軌道