2020.7.2

大和ハウス工業、神奈川・藤沢市にコンセプトハウスを設置 

遠隔授業やテレワーク、スポーツ観戦、ショッピング… 大型モニター使い、202X年のみらいの暮らしを提案

玄関開けたらロボットがお出迎え、臨場感あふれる学習塾の講義を自宅にいながら受ける…。
202X年を想定した住まいの提案を大和ハウス工業が始めた。
神奈川県藤沢市にある分譲地「セキュレアシティ藤沢 翼の丘」にコンセプトハウスを設置。
ポストコロナで人の行動変容が起きる中、〝家族のつながり〟をキーワードにIoTなどを使いながら、攻めの姿勢を鮮明にしている。


セキュレアシティ藤沢 翼の丘」に設置したコンセプトハウスの外観

202X年6月。塾の講義を真剣に聞きながら、「先生答えは〇〇です」と回答する小学6年生のさとし君。それに対して「正解です」と返す塾講師。学習塾では当たり前の光景だが、そんなやりとりが、数年内に自宅のリビングで行われるかもしれない。塾講師は講義をする自宅から離れた学習塾にいる。さとし君はリビングに設計された4畳半の広さのIoT空間「(仮称)α-rium(アルファリウム)」にある2台のプロジェクターから投射された大型のモニターを見ながら、塾の講義を遠隔で受ける。講義はインターネットを使い、双方向で行うため、生徒と講師のやり取りが、遠隔にいてもできるようになる。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.608(2020年20号)

特集:

データ連携で業務改革

木造住宅の分野で、住宅データを連携させ、構造図作成、プレカット図作成、さらに構造計算、積算・見積といった業務効率を格段に高めるソリューション提案が活発化している。住宅業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)ともいえる波は、ビルダー、建材流通事業者、プレカット工場など、多岐にわたる関係者にどのような影響をもたらすのか。単に生産性向上にとどまらず、新たな価値の創出、競争力強化といった効果も期待できそうだ。

目次を見る

関連記事