その他 |  2020.6.12

大阪ガス、グローバルベイスを子会社化

マンションリノベ事業に参入

大阪ガスはグローバルベイスを子会社化し、マンションリノベーション事業に参入した。2024年度にはマンションリノベーション事業で売上高230億円を目指す。

オンラインでの記者発表の様子。左上から大阪ガスの伊延充正・東京支社長、グローバルベイスの野田清隆・常務取締役、同社の茂木敬一郎社長

大阪ガスは、首都圏を中心にリノベーション事業を行っているグローバルベイス(東京都渋谷区・茂木敬一郎社長)の株式の90%を取得し子会社化、マンションリノベーション事業に参入した。

大阪ガスは2030年度までの中長期計画の中で、既存のガス事業以外の新領域の事業の拡大に力を入れて行く方針を示している。リフォーム・リノベーション事業も新領域事業の一つとして注力しており、既に35万件の施工実績がある。しかし、マンションリノベーションについては、成長市場と興味を持っていたもののこれまで実績はほぼなかった。このため、2年前からマンションリノベーションで実績のあるグローバルベイスと子会社化の協議を進め、今回決定に至った。

グローバルベイスは2002年から中古マンションのリノベーション事業を開始し、首都圏での販売実績は累計約3800戸を誇る。最近はアパレルブランドのユナイテッドアローズや、フラワーショップの青山フラワーマーケットといった他業種とのコラボレーションによる付加サービスの提供や空間デザインの差別化にも注力している。

IoTリノベでのシナジーも

今後、大阪ガスはグローバルベイスと、マンションリノベーション事業で様々なシナジーを図っていきたい考え。

その一つとして、IoTを活用した新たなリノベーションの提案を検討している。

大阪ガスは、機器の運転状況を遠隔で見守ったり、スマートフォンでお湯はりや床暖房を遠隔操作できる「ツナガルde給湯器」の提案を行なっている。一方、グローバルベイスは、給湯器や家電などを音声で操作するなどし家事効率の向上を図る「マイリノスマートホーム」を展開している。大阪ガスでは、両者のこうしたIoT関連の提案を掛け合わせた提案でマンションリノベーションの分野で差別化を図っていきたい考え。

グローバルベイスのマンションリフォーム事例

一方、グローバルベイスは、大阪ガスの傘下に入ることで、豊富な資金力と信用力を活用した展開を思い描く。具体的には、買取再販事業「リノコレ」や一棟リノベーション事業において、大阪ガスの資金力を活かし物件の調達を増やすことで成長のスピードを加速させる。

大阪ガスは、グローバルベイスを通じたマンションリノベーション事業の売り上げを2020年度は205億円と見込んでいるが、2024年度には230億円まで拡大させたい考えだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.606(2020年18号)

特集:

地に足のついた営業で一足先に受注回復へ

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言解除から3カ月が過ぎた。
一時は休業停止に追い込まれた数多くの住宅展示場も客足が戻りつつある。
客との対面でのやりとりができなくなる中、住宅メーカー各社が緊急対応として取り入れたオンラインによる打ち合わせやVRなどの導入によるWebの強化策。
2ケタ台の落ち込みが相次ぐ7月に、一足早く前年対比を上回ったメーカーから見えてきたのは、地に足のついた営業姿勢だった。
一部では非対面での住宅営業が進むとの見方もある中、他よりも一足早く受注が回復したにメーカーでは、「地道に丁寧な営業を重ねた結果で、奇をてらった対応はしていない」と口をそろえる。

目次を見る

関連記事

住宅 |  2020.7.1
住宅 |  2020.5.14

積水ハウス、大阪ガスと3電池住宅で共同実験

電力系統安定化の貢献可能性を実証

Housing Tribune |  2020.4.24

ハウジング・トリビューン Vol.598(2020年8・9号)

塗り変わる市場地図 住宅部資材