【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

大型パネルは住宅市場全体に有効な手段 インフラ整備加速で10万棟市場に

ウッドステーション 代表取締役社長 塩地博文 氏

大型パネルによる在来木造の工業化を推進するウッドステーションは、2018年4月の発足から3年目を迎えた。受託加工という形で、住宅事業者などから受けた設計図通りに、工場で大型パネルをつくり供給する。新しいビジネスモデルは、市場にどのようなインパクトを与えたのか。改善の余地は何か。塩地博文社長に聞いた。 ウッドステーション 代表取締役社長 塩地博文 氏 ──ウッドステーションの起業から2年が経ちます。…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事