2020.5.11

アールシーコア、フラッグシップモデル 「泰運」をオープン 

BESSのコンセプトを凝縮、幅広い年齢層にアピール

「泰運」はBESSが打ち出したコンセプトモデルで、“日本人の民族性と感性”というテーマを凝縮した商品。BESSのフラッグシップ商品と位置付けられ、アウトドア志向の若年層というイメージの殻を破る提案商品となっている。


重厚な大屋根「甲羅屋根」と、内と外をつなぐ軒下の広縁が大きな特徴の「程々の家 泰運」

アールシーコアが「倭様 程々の家」のコンセプトモデル「泰運」を「BESSスクエア」(目黒区青葉台)にオープンした。

「程々の家」は「グローカルジャパニーズ」を開発コンセプトに、15年前に開発、発売した商品。日本人の民族性と感性に軸足を置き、合理性と感性の〝いい加減〟をテーマとする。「七色(なないろ)」、「八風(やつかぜ)」、「十露(そろ)」の3モデルをラインナップする。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.615(2021年4号)

特集:

中古住宅流通量増で期待度上昇

「中古マンションを購入してリノベーション」ということが住まいの選択肢の一つとして定着する一方で、戸建住宅のリノベーションについては、ニーズはあるものの工事の難しさ、性能の確保、コストアップなどのハードルも多く普及には至っていない。しかしここにきて建材メーカーなどが中心となり戸建住宅の性能向上リノベーションを支援する動きが活発化している。日本では戸建住宅の方がマンションよりもストック数は多く、新築市場が縮小していく中で有望市場であることは間違いない。戸建リノベの収益化に向け、どのようなアプローチが有効なのか。トップランナーの事業者の動きからヒントが見えてくる。

目次を見る

関連記事