住宅ローンを賢く活用、家計の「予備費」手厚くし 不透明な社会を生き抜く

ファイナンシャルプランナー(CFPⓇ)・中小企業診断士 樗木裕伸 氏

【前編はこちら】 ──前回は、人生100年時代を生き抜くためには、社会人となった後に、大学などでもう一度学び直す「リカレント教育」が重要となり、ライフプランの再構築が大変重要になるというお話でした。 ファイナンシャルプランナー(CFPⓇ)・中小企業診断士 樗木裕伸氏経営(事業、不動産賃貸等)からファミリーのライフプランニングまで包括的にアドバイスできる。特に銀行員時代に培ったローン・借り入れを熟知…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.621(2021年11号)

特集:

ストック市場拡大の起爆剤になるか

中古マンションの買取再販市場が拡大している。
「リノベーション」への認知度が高まり、中古住宅の「不安」「汚い」「わからない」といったマイナスイメージが払しょくされ、昨今の新築マンションでは求めにくい、消費者の“値ごろ感”や“住みたいエリア”へのニーズに対応できるためだ。
それに伴い新規参入が後を絶たない。中古マンションの買取再販市場の最前線を追った。

目次を見る

関連記事

2021.6.1

3省連携の住宅脱炭素化検討会でたたき台

省エネ基準適合義務化へ、PV設置義務化も検討

2021.4.13

来るか? 国産材ファーストの時代

SDGs、脱炭素達成に向け脚光

JHF、リバモゲ型住宅ローンの申込みが過去最高

高齢者の資金調達手段で需要高まる