その他 |  2020.2.4

大阪市で「特区民泊」活用した事業が活発

住宅メーカー 新たな土地活用として注目

大阪市の「特区民泊」を活用した事業に動き出す住宅メーカーが相次いでいる。パナソニック ホームズが市内で施工した宿泊施設が今月オープン。大東建託も事業に乗り出している。大阪市内をはじめとした関西圏はインバウンドを背景に、宿泊需要が増えている。営業日数の制限などのある民泊に比べ、自由度の高い特区民泊での事業を展開することで、土地活用の提案の幅を広げる狙いだ。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目