オピニオン |  2020.1.6

住宅産業が観光を手掛ける意味

パナソニック ホームズが大阪市の特区民泊を活用した宿泊施設「ボンコンドなんばにっぽんばし」をオープンした。大東建託も特区民泊限定で「民泊活用型一括借り上げシステム」の提供を始めている。訪日客の増加を背景に、民泊が大きな注目を集めている。観光庁によると住宅宿泊事業の届け出件数は2万2671件(12月11日時点)と、法施行日の約10.3倍にまで増加している。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目