住宅事業者のための働き方改革入門 表紙
2020.1.9

アスベスト対策を見直し 

戸建住宅の解体・改修も調査、届出義務の対象に

厚生労働省は第5回建築物の解体・改修等における石綿(アスベスト)ばく露防止対策等検討会を開催し、中間とりまとめ案を公表した。アスベスト対策の解体・改修工事に係る届出制度を見直す。

これまで耐火建築、準耐火建築など大規模な建築物を中心に、労働基準監督署への調査届出を義務化していたが、義務の対象をより明確化し、戸建住宅の解体や改修についても調査、届出を義務化する方針だ。


建築物の解体・改修を行う場合には、石綿障害予防規則において、アスベストなどの使用の有無を目視、調査すること、さらにアスベストなどの使用の有無が明らかにならなかったときは、分析、調査することが義務づけられているが、これらの調査を行う者の要件は明確に規定されておらず、調査方法・範囲も法令上明確になっていない。また、アスベストなどが吹き付けられている耐火建築物、準耐火建築物を解体・改修し、アスベストの除去を行う場合は、労働安全衛生法などにより、作業開始の14日前までに労働基準監督署に届出を行うことが義務づけられているほか、アスベスト含有の保温材、耐火被覆材、断熱材などを除去する場合も、作業開始前までに労働基準監督署に届出を行うことが義務づけられている。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.607(2020年19号)

特集:

OB顧客の満足度向上、FCの新メニュー、相続対策など

自宅の売却後も賃料を支払うことで、自宅に住み続けながらまとまったお金を得られる「リースバック」への注目度が急上昇している。
今年に入り、OB顧客の満足度向上、FCの新メニュー、相続対策などを目的に、多くの住宅事業者が新規参入。
ゼロ円で賃貸化するなどのこれまでにない新サービスの提案も出てきた。
また、既存の事業者も業績を伸ばしているとともに、国も市場整備に向けた動きを開始しており、市場拡大の機運が一気に高まっている。

目次を見る

関連記事