行政 |  2020.1.9

アスベスト対策を見直し 

戸建住宅の解体・改修も調査、届出義務の対象に

厚生労働省は第5回建築物の解体・改修等における石綿(アスベスト)ばく露防止対策等検討会を開催し、中間とりまとめ案を公表した。アスベスト対策の解体・改修工事に係る届出制度を見直す。

これまで耐火建築、準耐火建築など大規模な建築物を中心に、労働基準監督署への調査届出を義務化していたが、義務の対象をより明確化し、戸建住宅の解体や改修についても調査、届出を義務化する方針だ。


建築物の解体・改修を行う場合には、石綿障害予防規則において、アスベストなどの使用の有無を目視、調査すること、さらにアスベストなどの使用の有無が明らかにならなかったときは、分析、調査することが義務づけられているが、これらの調査を行う者の要件は明確に規定されておらず、調査方法・範囲も法令上明確になっていない。また、アスベストなどが吹き付けられている耐火建築物、準耐火建築物を解体・改修し、アスベストの除去を行う場合は、労働安全衛生法などにより、作業開始の14日前までに労働基準監督署に届出を行うことが義務づけられているほか、アスベスト含有の保温材、耐火被覆材、断熱材などを除去する場合も、作業開始前までに労働基準監督署に届出を行うことが義務づけられている。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.603(2020年14号)

特集:

受注力向上、働き方改革、脱・展示場も

コロナ禍のなか、オンラインでの集客・接客の提案が活発化、もはや住宅・不動産業界でも取り組みは必須となりつつあり、多くの事業者が提案に力を入れている。

VRやウェビナー、オンライン展示場など、様々な提案が活況で、これらをうまく使うことで受注力アップに結びつけ、過去最高の業績を上げる事業者も出てきた。

オンライン集客・接客は新型コロナウイルス感染症対策だけでなく、場所に縛られないことで、「遠方でも気軽に住宅を検討できる」「子どもがいても家で検討できる」などの利点で顧客満足度の向上が期待でき、営業の効率化で働き改革にも貢献するなど様々なメリットがあることに加え、展示場を主軸とした従来の住宅営業のかたちを変える可能性もある

目次を見る