行政 |  2019.12.18

ZEHの実績が27%増と急拡大

建売りは67%増、注文住宅は着工の2割に

ZEHの拡大に加速がついている。その多くを占める注文住宅は前年度比27%増、まだ全体の割合は小さいものの分譲住宅も同67%増という増加だ。


平成30年度のZEHビルダー/プランナーのZEH建築実績は、5万6307戸と前年度の4万4314戸から27.1%増と大きく増加したことが、経済産業省主催の「ネット・セロ・エネルギー・ハウス支援事業 調査発表会 2019」で明らかになった。

内訳は、注文住宅(持家)におけるZEHが3万7205戸、Nearly ZEHが1万7147戸。ZEHシリーズ全体(ZEH Orientedを除く)で5万4352戸。前年度の4万2988戸から26.4%増と大幅な増加となった。新設住宅着工戸数に占める割合も18.9%と同15.3%から3.6ポイント高まった。注文住宅のZEHは新設住宅着工の2割に達しようとしている。

また、建売住宅(分譲)はZEHが1213戸、Nearly ZEHが583戸で計1796戸と前年の1076戸から66.9%増。着工に占める割合は1.2%と全体市場に占める割合はまだまだ小さいが、建築実績は急拡大した。

一方、ほとんど実績が積みあがっていないのが既存住宅の改修。ZEHが54戸、Nearly ZEHが105戸と合計で159戸と前年の250戸から減少した。

目標達成率は65%にとどまる

注文住宅と建売住宅において大幅に増加したZEHであるが、目標数値と比べると普及拡大の速度は十分とは言えない。

国が掲げた「2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現」という目標に向け、環境省、経済産業省、国土交通省は3省連携でさまざまな補助事業を実施している。その受け皿となる事業者がZEHビルダー/プランナーだ。

(一社)環境共創イニシアチブが登録を行っており、登録数は平成30年度末で7195社と前年の6482社から713社増加した。平成31年度に入ってからも増加を続け、10月末時点で新規登録は259社、合計7454社となっている。

ZEHビルダー/プランナーは、自社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を目標として公表することになっており、2020年度までに50%以上という目標を掲げている。

平成30年度のZEHシリーズの目標は8万6147戸。これに対して実績戸数は5万6307戸であり、達成率は65.4%にとどまった。注文住宅は72.5%であるが、建売住宅は23.8%と4分の1に満たず、既存改修にいたっては4.3%だ。

平成30年調査の対象であるZEHビルダー/プランナーは5414社。このうち実績がゼロの事業者は62.1%と6割に及ぶことが、目標達成率を引き下げている。その一方で、目標を100%とした事業者は115社であるが、実績では232社が100%を達成しており、ZEHビルダー/プランナーは二極化しているようだ。

(一社)環境共創イニシアチブでは「2020年度に向け徐々に目標値が高まっていること」を目標未達要因の一つにあげている。

また、ZEHビルダー/プランナーによる「未達成の理由」は「顧客の予算」が抜きんでて多く、以下「顧客の理解を引き出すことができなかった」、「体制不備」と続く。

逆に「目標の達成理由」では、「ZEHメリット(経済性、快適性、健康優良)の訴求」がトップにあげられ、以下、「補助預金の活用」、「HP/チラシなどによる周知」、「完成見学会/モデルハウスによる体験」が同程度の数で続いている。

コストがアップしてもなお性能の向上が快適性や健康、またエネルギー問題解決の一助になることなど、ZEHの魅力をいかに伝えるかがZEH普及の大きな鍵となっている。

平成30年度実績の5万6307戸はZEHビルダー/プランナーの全供給戸数の22.5%。2020年度の「50%以上」という目標に向け、さらに提案を加速することが求められている。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.603(2020年14号)

特集:

受注力向上、働き方改革、脱・展示場も

コロナ禍のなか、オンラインでの集客・接客の提案が活発化、もはや住宅・不動産業界でも取り組みは必須となりつつあり、多くの事業者が提案に力を入れている。

VRやウェビナー、オンライン展示場など、様々な提案が活況で、これらをうまく使うことで受注力アップに結びつけ、過去最高の業績を上げる事業者も出てきた。

オンライン集客・接客は新型コロナウイルス感染症対策だけでなく、場所に縛られないことで、「遠方でも気軽に住宅を検討できる」「子どもがいても家で検討できる」などの利点で顧客満足度の向上が期待でき、営業の効率化で働き改革にも貢献するなど様々なメリットがあることに加え、展示場を主軸とした従来の住宅営業のかたちを変える可能性もある

目次を見る