その他 |  2019.11.26

アドレス、住み替えフリーサービスを本格始動

3年間で1万会員・2000拠点へ

アドレス(東京都千代田区・佐別当隆志社長)は、定額で全国に設けた複数のコリビングに自由に住み替えられるサービス「ADDress」を本格始動する。3年間で1万会員、2000拠点を目指す。


アドレスは、全国に設けた複数のコリビング(シェアハウスとコワーキングスペースが一体となった、新たな住まいの形態)を定額で自由に住み替えられるサービス「ADDress」を本格始動する。これまで新規会員の募集を一時ストップしていたが再開。3年間で1万会員、2000拠点への拡大を目指す。

「ADDress」は全国のコリビングを月額4万円という低価格で自由に住み替えられるサービスだ。ユーザーは特定のコリビングに住所を置き本拠地としたうえで、他の拠点についてもネットで予約し連続1週間まで滞在できる。光熱費、Wi-Fi、共有の家具やアメニティの利用、共有スペースの清掃も料金に含む。

現在、住み替えられる拠点は全国で24あるが、新たに20拠点をオープンさせる予定。基本的には、アドレスがオーナーからサブリースして拠点を提供するが、新規オープン予定の北鎌倉の拠点は、アドレスが所有する形をとった。開業資金にクラウドファンディングを活用し、目標額の3655 万円をわずか3日で達成した。

交通事業者と連携し、地方拠点への移動コストの負担を抑える取り組みも行う。JR 東日本スタートアップ、ANA、NOREL と提携し、実証実験を行う。

ANA とは、拠点への宿泊と飛行機での移動をセットにした定額サービスの実証実験を来年1月から開始する。ADDressの利用料に2万~3万円を追加することで、ANAの全国の指定路線を月4回もしくは2往復まで搭乗できるようにする。

また、ADDressでは、拠点に住み込み、ユーザーをつなげ地域の魅力を発信する管理人「家守」を置くようにしているが、この養成を行うため(一社)エリア・イノベーション・アライアンスと2020年1月に、「家守の学校」を開校する。

ネットを通じたe ラーニングと実地での研修を行う。受講料は30万円(税別)。

一方、ADDressのような全国のコリビングを定額で住み替えられるサービスの提案は最近にわかに活発化しているが、普及に向けた課題もある。その一つは仕事の問題だ。全国の拠点を自由に住み替えられるサービスはあっても、それぞれから同一の職場に通うことは難しい。佐別当社長は「ユーザーの7割はフリーではなく一般企業に勤めている。首都圏近郊の物件を増やしており、一般企業に勤める人でも利用しやすい環境の構築を目指している」と強調する。仕事の問題を乗り越えユーザーの裾野が広がれば、ADDressのような自由に全国の拠点を住み替えられるサービスが、一気に拡大する可能性もありそうだ。

「ADDress」の本格始動で意気込みを語る佐別当隆志社長
新規オープン予定の北鎌倉の拠点は、アドレスが所有するかたちをとった。クラウドファンディングで開業資金の目標額3655万円をわずか3日で達成

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

その他 |  2020.8.25

シェアリングシティ推進協議会が設立

30年までに全ての自治体でシェアエコ浸透へ

住宅 |  2020.4.22

ポラスグループ・住宅品質保証 “木でできた”本社屋完成

フリーアドレス導入、働き方改革を後押し

住宅 |  2019.11.27

住友林業 木造3階建て新研究棟 つくば市に完成

独自技術使い、「W350計画」実現に弾み

Housing Tribune |  2019.11.22

ハウジング・トリビューン Vol.589(2019年22号)

住宅の外観・内装が対象に 改正意匠法がもたらす変革