大日本印刷、機能性と意匠性を両立する次世代加飾パネルを開発

住宅分野でも注目度高まる


大日本印刷が開発した次世代加飾パネルが住宅分野でも注目を集めている。通常は木目柄などの優れた意匠性を発揮しているが、必要な時だけ鮮やかな映像を映し出すもので、機能性と意匠性を両立している。


大日本印刷が開発した次世代加飾パネルは、自動車の車内空間に活用するために開発されたものだ。

自動車の世界では、運転席まわりを中心として多機能化が進んでいる。スピードメーターなどの計器類に加えて、様々な操作スイッチやネットワークを介してサービスを提供するためのディスプレイなどが増える傾向にあり、デザイン性と機能性の両立が求められている。

次世代加飾パネルは、こうした問題を解決するために開発されたもの。木目柄や幾何学柄などの高意匠加飾と、より使いやすいユーザーインターフェイスを実現する。

加飾フィルム技術と光学技術の融合し
鮮やかな映像を映し出す

住宅分野でも、鏡の裏側にタッチパネル式のディスプレイを設置し、鏡に様々な情報を映し出すものが登場している。鏡の場合、透明であるため鮮明な映像を映す出すことができるが、例えば木目調に仕上げた壁の裏側にディスプレイを仕込んで、映像が浮かび上がるようにすると、柄が邪魔になって鮮明な映像を映し出すことが難しい。

次世代加飾パネルを自動車の車内空間に活用した事例

次世代加飾パネルは、こうした問題を解決する。木目柄などに仕上げたパネルであっても、鮮明に映像や文字を映し出すことができるのだ。

同社が住宅建材や自動車内装で培ってきた加飾フィルム技術やノウハウ、そして独自の光学技術を組み合わせて実現したもので、「木目柄などのフィルムに特殊な加工を施すことで、意匠性を損なうことなく、より鮮明に映像を映し出すことを可能にした」(モビリティ事業部事業企画室 椎名隆之室長)という。

この技術を活用することで、通常は木目柄に仕上げられたパネルだが、タッチをするとスピードメーターなどの計器類や操作スイッチ、カーナビゲーションシステムなどが必要に応じて映し出される。

住宅分野からの注目度も高まっており、問い合わせも増えている。住宅建材・設備などへの活用の可能性も広がっている。「例えばHEMS のモニターを壁と一体化し、必要な時だけ情報を映し出すことができるようにするといったことが考えられるのではないか」(椎名室長)。

自動車分野だけでなく、住宅分野でも今後のキーテクノロジーとして注目を集めることになりそうだ。