お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2019.11.8

大日本印刷、機能性と意匠性を両立する次世代加飾パネルを開発

住宅分野でも注目度高まる

大日本印刷が開発した次世代加飾パネルが住宅分野でも注目を集めている。通常は木目柄などの優れた意匠性を発揮しているが、必要な時だけ鮮やかな映像を映し出すもので、機能性と意匠性を両立している。


大日本印刷が開発した次世代加飾パネルは、自動車の車内空間に活用するために開発されたものだ。

自動車の世界では、運転席まわりを中心として多機能化が進んでいる。スピードメーターなどの計器類に加えて、様々な操作スイッチやネットワークを介してサービスを提供するためのディスプレイなどが増える傾向にあり、デザイン性と機能性の両立が求められている。

次世代加飾パネルは、こうした問題を解決するために開発されたもの。木目柄や幾何学柄などの高意匠加飾と、より使いやすいユーザーインターフェイスを実現する。

加飾フィルム技術と光学技術の融合し
鮮やかな映像を映し出す

住宅分野でも、鏡の裏側にタッチパネル式のディスプレイを設置し、鏡に様々な情報を映し出すものが登場している。鏡の場合、透明であるため鮮明な映像を映す出すことができるが、例えば木目調に仕上げた壁の裏側にディスプレイを仕込んで、映像が浮かび上がるようにすると、柄が邪魔になって鮮明な映像を映し出すことが難しい。

次世代加飾パネルを自動車の車内空間に活用した事例

次世代加飾パネルは、こうした問題を解決する。木目柄などに仕上げたパネルであっても、鮮明に映像や文字を映し出すことができるのだ。

同社が住宅建材や自動車内装で培ってきた加飾フィルム技術やノウハウ、そして独自の光学技術を組み合わせて実現したもので、「木目柄などのフィルムに特殊な加工を施すことで、意匠性を損なうことなく、より鮮明に映像を映し出すことを可能にした」(モビリティ事業部事業企画室 椎名隆之室長)という。

この技術を活用することで、通常は木目柄に仕上げられたパネルだが、タッチをするとスピードメーターなどの計器類や操作スイッチ、カーナビゲーションシステムなどが必要に応じて映し出される。

住宅分野からの注目度も高まっており、問い合わせも増えている。住宅建材・設備などへの活用の可能性も広がっている。「例えばHEMS のモニターを壁と一体化し、必要な時だけ情報を映し出すことができるようにするといったことが考えられるのではないか」(椎名室長)。

自動車分野だけでなく、住宅分野でも今後のキーテクノロジーとして注目を集めることになりそうだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事

2021.8.20

抗菌・抗ウイルス、換気などは当たり前 求められるより高いレベルの衛生性能

特集「今、問われる住まいの姿」 ②パンデミックを踏まえた仕様

2021.1.18

大日本印刷、DXで不動産・建設業界の課題を解決

不動産EXPOに出展 未来の可能性を提示

2020.12.25

どうなる2021年の住宅マーケット⑤

コロナ対策市場 / 住宅生産合理化・省施工化市場 / 防災市場 / シェアリングエコノミー市場