点在する商店街の空き店舗を宿に 半年で10室に増加 観光と町づくりをミックス、情報発信も

case5. 沖縄県沖縄市その①


沖縄県中部にある沖縄市の商店街「中央パークアベニュー」の空き店舗をリノベーションした宿泊施設「トリップショットホテルズ・コザ」のことは、2019年2月、3月でも紹介をしたが、当時は5室。これが、さらに増えて10室となり、町まるごとホテルとして本格的に稼働し始めた。


10室は中央アベニューの商店街の店舗の2階を借り受けてリノベーションをしたもので、点在する形である。もともとは、美容室、ステーキハウス、バー、キャバレー、スナック、塾などだったところ。それらがやがて空き家となっていたものを宿泊施設にしたものだ。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目