オーデリック、蓄電池残量に合わせ照明などを自動制御

ストレスなく、ゼロエネ実現へ


オーデリックは、太陽光発電などから蓄電池に貯めた電力を効率的に活用できる新システムを開発、提案を開始した。ストレスなく家庭の省エネ・ゼロエネに取り組めるようにする。


2019年問題見据え一歩先のエネマネ提案

太陽光で発電した電力を蓄電池に貯め、夜間などに利用するニーズが高まっている。

特に、最近は「太陽光発電の2019年問題」を契機に注目が一層高まっている。同問題は、2019年11月以降に太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了する住宅用太陽光発電が出てくるというもので、卒FITとも言われる。卒FIT後も、電力事業者などが電力を買い取る方針を示しているが、買取価格は大きく下がる。結果、売電するよりも得になるため、発電した電力を自家消費する人が増えると見られている。

また、太陽光発電の自家消費ニーズ増加にともない蓄電池が脚光を浴びている。日中に発電した電力を蓄電池に貯め、夜間に使用するというエネルギーマネジメントを行うことで、効率的に自家消費できるためだ。

こうした中で、オーデリックは蓄電池システムメーカーのニチコンと連携し、さらに一歩先のエネルギーマネジメント提案「ZERO ENERGY CONTROL(ゼロエナジーコントロール)」を開始した。

専用アプリから蓄電池の残量に合わせて住宅設備を自動制御する機能を搭載、蓄電池に貯めた電力の効率的な使用が可能だ。例えば、住宅照明の場合、蓄電池残量に合わせて自動で照明の明るさを制御
専用アプリには週間天気予報と連動し、蓄電池に貯めた電気の使いすぎを予防するメッ セージの表示機能や、家庭の消費電力量、太陽光発電、蓄電システムの稼働状況を見える化する機能も搭載

まずは照明からエアコンなどにも拡充

ZERO ENERGY CONTROLは、太陽光発電などから蓄電池に貯めた電力を、家庭内で効率的に活用することを目指したエネルギーマネジメントシステム。利用するためには、太陽光発電や電気自動車と連携するニチコンの蓄電システム「トライブリッド蓄電システム」(蓄電池・パワコン等)と専用アプリ(インターフェイスは専用タブレット)の導入が必要だ。

ZERO ENERGY CONTROLは専用アプリから蓄電池の残量に合わせて住宅設備を自動制御する機能を搭載、蓄電池に貯めた電力の効率的な使用が可能だ。例えば、住宅照明の場合、蓄電池残量に合わせて自動で照明の明るさを制御する。蓄電池残量がたっぷりある時は通常の明るさだが、蓄電容量が少なくなってくると自動で明るさを抑え、蓄電池の消費電力の減りを緩やかにする。

「自動で調整してくれることで、ユーザーはストレスを感じずに省エネ・ゼロエネに取り組める」と、武藤勝也開発ゼネラルマネージャーは話す。

当初、自動制御できる住宅設備はオーデリックのCONNECTED LIGHTING照明のみだが、今後、ECHONET Lite対応機器を対象に対応機器を増やして行く方針だ。

また、専用アプリには週間天気予報と連動し、蓄電池に貯めた電気の使いすぎを予防する機能も搭載。例えば、雨の予報が2日間続いた場合、「今日・明日は発電量が少ない天気予報です。省エネで電池を節約しましょう」といったメッセージが表示され、ユーザーの節電意識を促す。

このほか、アプリには、家庭の消費電力量、太陽光発電、蓄電システムの稼働状況を見える化する機能も搭載している。

一方、こうした省エネ化を促す機能は、災害対策でも効果を発揮する。現在の蓄電量と天気予報をリアルタイムに知ることで、数日間の蓄電量を予測できるため、災害などによる停電時でも計画的な電力の使用が可能。蓄電池の残量に応じて自動で住宅設備に使う電力をコントロールすることで、長時間の停電でも蓄電池の電力をできるかぎり長く使用できる。

蓄電+設備の自動制御
新提案、広がるか

ZERO ENERGY CONTROLの提案先は主に住宅事業者を想定しており、オーデリックは電材ルートを通じ、主にハウスメーカーや工務店での採用を図って行く。新築での採用のほか、卒FIT世帯の需要を期待し既存住宅への採用も狙う。太陽光発電などから電気を貯められることに加え、蓄電池と照明などの住宅設備を連携させることで、一歩先のエネルギーマネジメントが可能なことを強みに提案していく。

「これまでにないものなので、評価を聞きながら販売活動を進めていきたい」(同)。

2019年11月から出てくる卒FIT世帯向けに、蓄電システムの提案が活発化している。そのなかで、ZERO ENERGY CONTROLは電力を貯めるだけの一般的な蓄電システムとは一線を画しているだけに、大きな反響を呼びそうだ。


関連記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです