お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2019.7.10

トーザイクリエイト 乾式の左官仕上げパネルを提案

海から生まれた新素材を活用

トーザイクリエイト(東京都渋谷区、鶴見伸二社長)は、海水由来成分から誕生したマグエンという素材を活用した、乾式の左官仕上げパネルの提案を強化している。

マグエンは、海水由来のマグネシウム無機塩で構成される粉状の結合材(バインダー)。工学博士の岩原昭次氏が開発したもので、セメント、消石灰に次ぐ、新たな結合材として期待されているという。

海水由来の自然素材であるため、ホルムアルデヒドなどのVOC(揮発性有機化合物)などを含んでいない。また、優れた曲げ強度や非収縮性だけでなく、高付着(接着)力を備えている。そのため、これまでの結合材には混合することが難しかった素材を混合しても、硬化後にひび割れが発生することがない。

トーザイクリエイトでは、このマグエンを活用した「左官仕上アートパネル」を販売している。

これは、左官仕上げの風合いを乾式建材で実現した内装用のパネル。様々な素材を混合できるというマグエンの特徴を活かし、藁スサや麻スサ、杉皮などを使い、和テイストを表現したパネルなどを展開している。

また、廃棄されたコーヒーかすなどを活用することも可能だという。こうした異素材を混合することで、通常の左官仕上げでは表現しにくい風合いを演出することもできる。

また、マグエンそのものが他の素材にはない美しい白色をしており、他の内装仕上げ材にはない印象を室内空間にもたらすという。

乾式仕上げのため施工性にも優れており、養生や乾燥のための工期短縮に貢献する。さらに、現場で簡単に切断できるだけでなく、釘打ちによる施工が行える点も大きな特徴のひとつ。

藁スサ、麻スサ、杉皮などを混ぜることで和のテイストを表現
コーヒーかすなどを混ぜ込み、独自の風合いを演出ることもできる

吸放湿性能などの機能性も付与可能

混合する素材によっては、左官仕上アートパネルに吸放湿性能や脱臭機能などを付与することも可能だ。7月からカキ殻を細かく砕いたものを混ぜて、脱臭・吸湿の機能を付与した「左官仕上アートパネル/ KINARI」の発売を予定。幅や色・風合いの異なるリブボーダーパネルのランダムパターンセットの設計価格は平方メートル当り2万3000 円から(詳細は要問合せ)。

トーザイクリエイトでは、利用者の要望に応じて、デザインや混合する素材などをカスタマイズし、オリジナル品を製造するといった取り組みも進めながら、拡販を進めていきたい方針だ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事