その他 |  2019.7.8

(独)都市再生機構、東洋大学情報連携学部 未来の住まいのスタートアップモデルを公開 

IoT、AIを駆使し快適、安全な住まいを実現

IoT、AIなどの情報技術を活用した2030年の未来の住まいのスタートアップモデル住戸を赤羽台スターハウス住棟に整備した。「オープン」をキーワードに民間企業と連携する。


(独)都市再生機構(UR)と東洋大学情報連携学部(INIAD)は、2018年1月、技術協力の覚書を締結し、INIADの坂村健氏を会長とする「URにおけるIoT及びAI等活用研究会」を設置し、UR賃貸住宅における屋内外の住環境の向上のためのIoT及びAIの活用に向けた検討を進めてきた。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る