YKK AP 価値検証センター 検証を通じて商品価値を高める 生活者の視点を取り入れ

開発にフィードバック


YKK APの品質へのこだわりを具現化した一つの施設が価値検証センターである。生活者検証、実環境検証、技術解析という3つの取り組みを通じ、品質向上の大きな役割を担っている。

所在地:富山県黒部市荻生1番地
建物:鉄骨2階建て
面積:延床面積約6,500㎡
スタッフ:59人

YKK APの価値検証センター(Value Verification Center=VVC、富山県黒部市)は、2007年に黒部荻生製造所内に、商品の発売前にその価値をしっかりと検証することを目的に開設された。

組織としては、ユーザー検証グループ、品質検証グループ、技術解析グループという3つの部門から成り立ち、それぞれの視点から価値の検証に取り組んでいる。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです