スマロ大量導入で「セルフ内覧」が本格化

賃貸業界の働き方改革に対応


内覧希望者が不動産会社を伴わず自分で内覧できる「セルフ内覧」が賃貸住宅分野で本格化している。価格を抑えた商品の登場でスマートロックを数万個単位で導入する事業者も出てきた。

賃貸住宅業界では業務効率化を図る手法として、「セルフ内覧」への期待が高まっている。セルフ内覧とは、スマートロックを活用し内覧者のみで部屋を確認できる新たな内覧手法。仲介会社は内覧希望者に一時的なスマートロックの施開錠の権限を与えることで、内覧希望者は自分のスマートフォン等から施開錠し内覧を行う。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです