早稲田大学、豪雨リスクに先手

精度の高い浸水予測システムを開発


早稲田大学は東京23区で発生する都市浸水をリアルタイムで予測するシステムを開発した。20分先まで工学的に信頼度の高い浸水状況を予測し、この間に被害軽減対策を講じやすくなる。豪雨による住宅被害を抑制するツールとしての活用が期待できそうだ。


地球規模での気候変動が進む中で、毎年のように記録的豪雨に襲われるようになり、全国各地で甚大な被害が出ている。

浸水予測に関する計算技術はこれまでにもあったが、現実とは異なる雨水の取り扱い方をするなど、厳密性を追求することなく、概略値を捉える計算手法にとどまっているのが現状だ。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです