さらなる木の可能性を


環境省の資料によると、日本の陸上から海洋に流出したプラスチックごみの発生量(2010年推計)は6万t/年に及ぶ。国別のランキングでみると世界30位であるという。

こうしたなか2018年は、海岸漂着物処理推進法の改正法が成立、第4次循環型社会形成推進基本計画が閣議決定、海岸漂着物等地域対策推進事業が実施されるなど、国をあげての取り組みが進められている。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです