ユカイ工学 「しっぽロボ」販売が1万“匹”突破

非言語コミュニケーションで癒し届ける


ユカイ工学(東京都新宿区・青木俊介代表取締役 CEO)のセラピーロボット「Qoobo」(クーボ)が約半年で累計販売数1万匹を突破した。非言語コミュニケーションによる癒しが家庭などで支持を広げている。

フサフサの毛並みを撫でると、尻尾を振って応えてくれる——。コミュニケーションロボットなどの企画・開発を行うユカイ工学のしっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」が大きな注目を集めている。2018 年11 月から発売を開始したが、約半年で累計販売数が1万“匹”を突破、コミュニケーションロボットとしては異例のヒットを記録している。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目


関連記事