【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

ユカイ工学 「しっぽロボ」販売が1万“匹”突破

非言語コミュニケーションで癒し届ける

ユカイ工学(東京都新宿区・青木俊介代表取締役 CEO)のセラピーロボット「Qoobo」(クーボ)が約半年で累計販売数1万匹を突破した。非言語コミュニケーションによる癒しが家庭などで支持を広げている。 フサフサの毛並みを撫でると、尻尾を振って応えてくれる——。コミュニケーションロボットなどの企画・開発を行うユカイ工学のしっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo」が大きな注目を集めている。…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

2021.11.18
2019.5.24

ハウジング・トリビューン Vol.578(2019年10号)

2018年度決算 転換期を迎える住宅産業

2016.1.8

ハウジング・トリビューン Vol.507(2016年1号)

暮らしと住まいに変革をもたらす最新テクノロジー