ハウジング・トリビューン Vol.576(2019年7号)

幕を開ける令和時代 住宅産業はどうなる

  


2019年5月1日、元号が平成から令和へと変わる。
日本にとって、大きな時代の節目を迎えることとなる。
平成は、住宅産業にとって環境時代の到来であり、ストックビジネスへのシフトであり、デジタルテクノロジー導入の幕開けであった。
今後、人口・世帯数の減少、少子高齢化はさらに進み、マーケットも産業構造も変革を余儀なくされる。
令和はどのような時代になるのか――。

目次

HTʼS EYES

新元号に寄せて
民間建築にも木材活用の波を

幕を開ける令和時代 住宅産業はどうなる

TOPICS&NEWS

住宅メーカーでESGへの取組みが広がる
「令和」元年 10連休は住宅販売に商機!?
外国人材の受け入れ拡大へ新法人を設立
国土交通省が2030年の不動産業ビジョン
住宅地価、地方で観光などが押し上げ
国交省、マンション高経年化問題に本格着手

INTERVIEW

ヒノキヤグループ 近藤昭 社長
30年のその先へ ヒノキヤの家を日本のスタンダードに

マーケット

金属サイディング 3年ぶりの増加で1500万㎡超 新築で金属ならではのデザインが人気

業界動向

(一社)プレハブ建築協会住宅部会ストック分科会 
日本繊維板工業会

ピュアパイル工法普及振興会 ピュアパイル工法をフルモデルチェンジ

PICK UP

大東建託 ビス留めロボットの現場試行スタート
神宮3丁目プロジェクトチーム 神宮前で3階建鉄骨造を木質化

連載

ここがすごい‼ プレミアム住宅建材 
ハウゼコ 「デネブハフレス」
Agora-住宅言論広場- 第1回「AIと住宅」
新・住まい学 「地域価値向上と住まい」【前編】
総務省 地域力創造 アドバイザー 林田暢明 氏

CLOSE UP

大和ハウス工業 IoT、AI活用しながらまち全体で健康促進
YKK AP PSスタジオをオープン
里山住宅博 ㏌ TSUKUBA 地域工務店が大型分譲事業に参画
リビタ "コミュニティマネジメント付き"リノベ事業を開始
OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN "旅するように暮らす"新賃貸を開始

FLASH

積水ハウス 不動産の本人確認にブロックチェーン技術駆使
アキュラホーム住生活研究所 住まい手参加研究会が第一回シンポを開催
パナソニック エコソリューションズ社 IHクッキングヒーターで簡単操作の新商品
LIXIL 富裕層向け市場を開拓し5年後100億円
ハウディー IH活用の新施工器具の販売を本格化
ENECHANGE×Looopでんき ピークシフト狙いキャンペーン展開
ハイアスアンドカンパニー ガーデンデザインの外部委託サービスを開始

Channeling Data

住友生命保険「わが家の防災」アンケート
あしたのチーム「景況感と新元号への期待、働き方改革の実態に関するインターネット調査」
出前総研「引っ越しの食事の準備に関する調査」
メジャーセブン「マンショントレンド調査 Vol.29 」

関連記事

住まいの最新ニュース