大東建託、ビス留めロボットの現場試行スタート

3Dカメラの“目”で場所を正確に捕捉

  


大東建託は、ビス留めロボットの現場試行を始めた。移動させやすいように、ロボットを分割できるのが特徴だ。建築現場では大工職人の不足への対応が喫緊の課題。同社は今後、十数カ所で現場試行を行いながら改良を重ね、2020年12月の実用化を目指す。

人との協働を想定しスマートな作りのビス留めロボット

さいたま市で建築する賃貸アパートで、ビス留めロボット「D-AVIS(デービス)」を試行導入した。ロボットに装着された3Dカメラが石膏ボードに打ち込むビスの場所を確認すると、ロボットアームがその場所に自動的に移動し、等間隔にビスを打ち込むという流れだ。

試行導入した現場では、38ボードと呼ばれる900mm×2220mmの石膏ボードを用意し、まずは高さ半分の範囲で作業を開始。ロボットの高さは180cmぐらいあり、人の頭部のような部分がスムーズに動きながら、ビス打ちする場所を正確に探し当てる。床はコンクリートのまま整備されておらず、でこぼこの状態。そこで効果を発揮するのがロボットに搭載された3Dカメラだ。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース