民間建築にも木材活用の波を

  


2010年10月に施行された公共建築物等木材利用促進法(木促法)を一つのきっかけに、公共建築の木造化、木質化が進む。

農林水産省と国土交通省がまとめたデータによると、2017年度に国が整備した公共建築のうち、3階建て以下の低層物件の木造化率が63.0%となり初めて60%を超えた。木促法の施行からあと半年で10年を迎えようとするなかで、公共建築においては、着実に木材活用が根付いてきているといえるだろう。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース