旅するような暮らしをテクノロジーで 日本の賃貸市場に新風起こす

OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN  CEO 勝瀬博則

  


インドのITホテルベンチャー「OYO」、ヤフーと賃貸で合弁会社

デジタルテクノロジーを強みに、急成長を遂げる南アジア最大のホテルチェーン「OYO(オヨ)」(リテシュ・アガルワルCEO)は、ヤフーと合弁会社「OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN」を設立し、日本の賃貸住宅管理業界に参入した。なぜ、実績のあるホテルではなく賃貸住宅管理なのか、勝算はどこにあるのか――、新会社の勝瀬博則CEOに聞いた。

OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN  CEO 勝瀬博則

──日本で、急成長しているホテル事業ではなく、賃貸住宅管理事業に参入される狙いを教えてください。

テクノロジーで日本の不動産業界を変えていけると考えているからです。私たちは8か国500以上の都市に展開し、約45万部屋を取り扱う南アジア最大のホテルチェーンです。2013年からサービスを開始し、インドでは350都市で10万部屋以上を展開し6年前にシェアナンバーワンを獲得、中国では171都市で8万7000部屋以上を展開しシェア3位に位置しており、急成長しています。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース