住宅産業人としてのプライド


レオパレス21の施工不良が大きな社会問題化となっている。

昨年の天井裏の壁がないなど32棟の施工不良を踏まえ、全棟調査を行ったところ、新たに耐火性能を満たしていないなどの施工不良が1324棟見つかった。全棟調査はまだ途中であり、今後、新たな施工不良がみつからないとは限らない。危険な物件については同社の負担で退去を求めているが、年度末を迎えようとする中、批判が集まっている。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです