ハウスドゥ ハウス・リースバックの売上高が3倍に急増

仕入れ体制強化で事業拡大


自宅の売却後も住み続けられる「ハウス・リースバック」の売り上げが3倍に急増するなど、ハウスドゥ(安藤正弘 代表取締役社長 CEO)のシニア向け不動産事業が好調だ。

ハウスドゥの「ハウス・リースバック」事業が伸びている。第2四半期の売上高は前年同期の約4倍となる39億6900万円。営業利益も約4倍の4億7000万円と急増した。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

関連記事

住まいの最新ニュース

地域のニュース

外部サイトへのリンクです