建材、エクステリア、設備の価格改定 原材料、燃料費などの高騰で不可避に

職人不足で人件費上昇の懸念も


メーカー各社が、建材、エクステリア、設備の価格改定を相次いで決定した。原材料、燃料費、物流費などが高騰する中で、生産合理化などの企業努力だけでコスト高騰分を吸収するには限界が来ており、また、今後も大幅なコスト増が見込まれることなどから、価格改定は不可避との判断だ。

* * *

LIXILは、一部の住宅用建材・設備のメーカー希望小売価格を、2019年4月1日から順次改定する。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース