太陽光発電の火災で迅速な対応


1月28日、消費者庁の消費者安全調査委員会が「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」と題した調査報告書を発表した。平成20年3月~29年11月までに、太陽光発電モジュールまたはケーブルから発生した火災事故は13件であったという。①モジュールの発火は使用年数7年以上の製品、②ケーブルの発火は主に施工不良が原因と推定、③野地板へ延焼したのは、全て鋼板等なし型、であるという。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース