米軍で賑わった時代へタイムトラベル 空き店舗をできるだけ手を加えずにリノベーション

case3. 沖縄県沖縄市その①


沖縄県中部にある沖縄市。市内にある商店街「中央パークアベニュー」が、今、観光客に注目され内外の人が訪れている。沖縄市に行くには、那覇空港からモノレール旭橋駅まで行き、那覇バスターミナルからバスで約1時間。バス停・胡屋(ゴヤ)駅で降り、少し歩き、道路から一歩入ると目指す商店街がある。そこだけが独特の雰囲気をもっている。しっかりとした箱型のように連なる2階建ての商店が道路を挟んで向き合って並び、それぞれの店舗には半円形の庇がせりだしている。

商店の前は歩道だが、それが道路よりかなり幅広くとってあるために、安心して歩けて優雅な街並みになっている。歩道と道路の間にはヤシの木が植えられていて、どこにもない異国にきたような雰囲気になる。

観光客が訪ねてくるのは商店の2階部分にある、空き店舗をリノベーションした宿泊施設「トリップショットホテルズ・コザ」。5店舗がある(2018年10月現在)。商店のなかに点在している。どれも1階商店の2階が使われている。このホテル、もともとはバーやキャバレーや美容室などだったところ。かつては多くの米軍が訪れたという。それを当時の雰囲気をそのままに活用して、できるだけ手を加えずに、個性を楽しんでもらおうという趣向。これが実際に入ってみると驚きの宿泊施設なのだ。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース