行政 |  2018.12.19

国交省、長期優良住宅の制度見直しを開始

共同住宅で認定基準の緩和や手続きの合理化などを検討

 国土交通省は「長期優良住宅認定制度」の見直しを開始した。共同住宅での認定基準の緩和や、事務手続きの合理化などを検討していく。

* * *

2019年6月で、「長期優良住宅認定制度」の運用が10年目を受けることを受け、国土交通省は「長期優良住宅制度のあり方に関する検討会」を設置、制度の見直しに向けて議論を開始した。2019年6月にとりまとめを行い、法改正も含めて制度の見直しを図る。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目