広島建設 新ブランド「東京ノイエ」を立ち上げ 東京城東地域の市場開拓に本腰

〝建築士とつくる家〟をキーワードに都内ならではの家づくり

  


広島建設が東京都城東地域に攻勢をかける。新ブランド「東京ノイエ」を立ち上げ、旗艦ショールームもオープンする。狭小地が多く防耐火規制の強い都市部において、ユーザーニーズにきめ細かく対応する東京ならではの暮らしを提案する。

「東京ノイエ 錦糸町展示場」は賃貸棟(左)と二世帯住宅棟からなる

広島建設(島田秀貴代表取締役、千葉県柏市)が、新ブランド「東京ノイエ」(TOKYOneue)を立ち上げた。

広島建設は、千葉県、東京都、埼玉県において注文住宅を主軸に分譲住宅や大型建築の企画・開発を行っている。

「東京ノイエ」では、ブランド名の通り東京エリア、特に城東地域において戸建持家はもちろん、店舗や賃貸といった併用住宅、また、共同住宅・長屋住宅といった収益物件など用途を問わず、多様なユーザーニーズに応えていく。土地の広さや立地、防火地域など制約の多い東京エリアにおいて、都内ならではの「住まいかた」と「暮らしかた」を注文建築で実現していく。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

無料会員について詳しくはこちら

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   
新規ユーザー登録
*必須項目

住まいの最新ニュース