建材 |  2018.12.10

多様なデザインのフローリングが続々登場 

ブランド価値向上、他社との差別化で販売拡大へ ニーズに応えメーカーの製品開発が進む

住空間にこだわりを持つ人が増えるなか、フローリングで個性を表現したい、理想のものを使いたいというニーズが高まっている。ニーズに応えるようにして、メーカー各社からデザイン性の高いフローリングの新商品が続々発表されている。

* * *

矢野経済研究所の住宅用床材の採用比率に関する実態調査を見ると、木質系床材の採用率は戸建住宅、集合住宅ともに7割を超えている。耐水性が求められる洗面・脱衣所やトイレなどで、表面にオレフィンシートなどを張った木質系床材が浸透してきていることが採用比率を高めている。高い機能を確保したフローリングが増えるなか、フローリングで個性を表現したいというユーザーのニーズも高まっている。

フリーダムアーキテクツデザインの新築物件購入者を対象にしたアンケート調査では「新居の床材を決める際に重視したのはコストと材質どちらか」という質問に約6割が材質と回答した。空間のなかで大きな面積を占めるフローリングにこだわる人が増えている。

人気ブランドのラインナップ拡充
ファンを増やし「指名買い」を狙う

こうしたユーザーニーズに応えようと、メーカーからはデザイン性の高い床材が続々発売されている。永大産業は今夏に銘木の良さを生かした人気のフローリングブランド「銘樹」に新たに「銘樹ヘリンボーン」を追加することで、多様化するニーズに応えている。

銘樹は、表面化粧材に銘木の突き板・挽き板を使用した複合フローリング。厳選した7種類の高級銘木をできるだけ着色をせずに表面化粧材に使用することで、樹種がもつ意匠性や素材感を表現している。

銘樹ヘリンボーンには、表面に重厚感と木の温もりを感じることができる挽き板を採用。クラシカルな模様に銘木独特の風合いをプラスすることで、これまで以上に高いデザイン性を表現している。

表面には重厚感と木の温もりが堪能できるよう、厚さ約2mmの挽き板を採用。2方向の寄木が日差しや照明を拡散、躍動感や華やかさを演出する。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る