お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2018.11.1

三菱地所ホーム コスト抑えた全館空調の新バージョン

専用の企画型住宅も

三菱地所ホームはオリジナル全館空調システム「エアロテック」に、従来より延床面積の小さい住宅を対象とした新バージョンを追加した。同システムを採用した企画型住宅も開発し、一次消費者への提案を強化。消費税の増税に伴う需要拡大と反動減に対応する。

延床面積の小規模住宅にも対応

三菱地所ホームはオリジナル全館空調システム「エアロテック」で、従来より延床面積の小さい住宅を対象とした「エアロテックFit(エアロテック フィット)」を開発、提案を開始した。

従来の「エアロテック」は、延床面積215平方メートル(約65坪)までの中・大規模な住宅を対象とするシステムだったが、「エアロテックFit」では延床面積115平方メートル(約35坪)以下の小規模な住宅を対象に開発。従来よりも最大出力能力を抑え、室外機を2台から1台にしたことで、1割ほどコストダウンを図った。販売価格は約107平方メートル(約32.5坪)のモデルプランの新築住宅に導入した場合、150万円。

「2019年10月の消費税増税が発表された。増税前の住宅需要拡大と増税後の反動減が予想される。これに対し、何らかのアクションを起こそうということも、今回の新商品の提案につながっている」(加藤博文社長)。

このため、2019年3月までの特別キャンペーン商品として「エアロテックFit」を採用した企画型住宅「SMART ORDER Fit SELECTION(スマートオーダー フィット セレクション)」の販売も開始した。

消費者は、敷地形状に合わせて大小20パターンのスケルトンを選択、そのうえで、設備や間取りの配置を自分好みに作りあげることができる。販売価格は24.4坪の場合で1430万円から。販売目標は30棟としている。

三菱地所ホームはオリジナル全館空調システム「エアロテック」で、従来より小規模な住宅を対象とした「エアロテックFit」の提案を開始
「エアロテックFit」を採用した企画型住宅「SMART ORDER Fit SELECTION
(スマートオーダー フィット セレクション)」も販売

戸建分譲、賃貸、マンションへも展開
外販含めて年間200台の受注目指す

今後、三菱地所ホームでは、「エアロテックFit」を「SMART ORDER Fit SELECTION」だけでなく、様々な住宅へ導入していく考えだ。

例えば、分譲住宅や木造戸建賃貸住宅、マンションに展開していく。分譲住宅ではすでに三菱地所レジデンスが千葉市美浜区稲毛海岸で来年分譲を予定している「ザ・パークハウス ステージ」で採用が決定しており、三菱地所グループの住宅事業全体への展開を進めていく。

さらに、加藤社長は「他社への外販も検討している」とし、年間200台の受注を目標に広く提案していきたい考えだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事

2021.12.1

ヤマト住建、姫路にG2レベルのモデルハウスを建設

全国で初めて最高クラスの断熱性能を持つ樹脂窓を採用

2021.11.22

アイディア設計と効率経営で地域ビルダーの役割果たす

激変する住宅市場で勝ち残るために 株式会社エイト

2021.10.28
2021.10.27

「温熱環境と睡眠」関西大学 環境都市工学部 建築学科 教授 都築和代 氏

光に加えて温熱環境も睡眠の質に影響 高断熱住宅では除湿で睡眠効率が向上