不動産 |  2018.11.8

リビタ、マンションリノベの新ブランド ボリューム層を狙い、事業の柱に 

暮らしのシーンを描き、課題を解決

マンションリノベーションの新たなブランド「暮らし発想リノベーション」を立ち上げた。暮らしの課題を解決する提案を行うもので、このほど第一号物件を発売した。2~3年後に年間30戸程度とマンションリノベーション事業の一つの柱に育てる。

リビタが新たなリノベーションマンションのブランド「暮らし発想リノベーション」の展開を開始した。マンション一室をリノベーションし販売する買取再販の事業の中の一つのブランドとして位置づけられる。

近年、買取再販にはさまざまな事業が参入し、幅の広い商品が販売されている。こうしたなかでリビタは、主にこだわりのユーザーを対象に事業を展開してきたが、競合他社が増えるなかで「新たな提供価値をきちんと明確化していかなければ評価されない」と、新ブランドの責任者である勝岡裕貴・レジデンシャル企画部プロデューサーは話す。同社の強みは、量産型ではない一つひとつを丁寧に作り上げるリノベーション。ただ、これらは個別物件のリノベーションに留まっていることから、こうした強みを活かした新たなマンションのブランドを立ち上げた。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る