エアコンへのAI導入が相次ぐ 住まいの温熱環境をAIがコントロールする

生活パターンを学習、温湿度や花粉飛散も先読み

AIを搭載したルームエアコンの提供が相次いでいる。リモコンを使わずともAIがユーザーの好みの室内環境を学習し自動で快適な温度や湿度に調整するなど、ルームエアコンが進化を遂げている。

* * *

富士経済は、「需要分野別 空調・熱源システム市場の構造実態と将来展望 2018年版」で2025年度以降、「居住空間の快適性を追求するため、AIやIoTを活用した空間の最適化など高付加価値提案が進み、市場は新たな局面を迎える」と予測している。住宅用のルームエアコンにおいてもこうした動きが始まり、メーカー各社がAIを搭載した製品を相次いで発表し始めた。

温度と湿度の変化を予測 自動で最適な室内環境に

ダイキン工業は11月1日にAIによって気温や気流、湿度や壁の温度などを測定して快適な温熱環境をつくる「うるさら7(Rシリーズ)」を発売する。

Rシリーズは、室外機の周囲から水分子を集めて室内を加湿する「無給水加湿」や、気流を真下に向けて送る「垂直気流」などの特徴をもつ家庭用ルームエアコンの最上位機種。従来機種では、室内の温度・湿度のセンシングにより快適さを算定していたが、新機種では、壁や床の温度、過去にユーザーが行なったリモコン操作履歴をAIが解析、好みの温熱環境を学習し自動で温度・湿度・気流をコントロールする。

エアコンは設定温度を微調整する人が多いが、同社では運転開始から30分以降にリモコンを操作した際の温度や湿度を利用者が好む環境と定義。データを蓄積しながらAIが学習を繰り返し、空間をより快適な環境に近づけていく。

室内機のセンサーは、室温や湿度に加えて壁面の温度も測定する。冬場は壁面の温度が低いと肌寒く感じるため、暖房の温度を上げて壁や床も暖める。

三菱電機もAIを搭載したセンサーの採用で、部屋の温度と湿度の変化を予測、自動で最適な運転モードに切り替える「霧ヶ峰」の「FZシリーズ」と「Zシリーズ」計18機種を11月1日より順次発売する。

今回、新たに赤外線センサー「ムーブアイ mirA.I.」を搭載。「エアコンにAIで体感温度を予測する機能を搭載したのは世界で初めて」(同社)。床や壁からの輻射熱や日射熱など、部屋の温度状況や体感温度を360度分析し、未来を予測して人が「暑い」「寒い」といった不快感を抱く前に、エアコンの先読み運転を行う。

花粉の飛散予報をもとに空気清浄も

室内の温度や湿度だけでなく花粉などによる部屋の空気の汚れを先読みし、きれいにすることで快適な室内環境をつくる製品も登場している。それが、パナソニックが10月下旬より販売を開始するルームエアコン「エオリア WXシリーズ/Xシリーズ」だ。

ウェザーニューズと連携して、ウェザーニューズが提供する花粉やPM2.5の拡散予測などのデータをもとに、部屋の空気の汚れを先読みして自動で空気清浄を行う。

同社の調査によると部屋の空気は室内で発生するハウスダストやホコリ以外に、室外からのPM2.5や花粉の侵入によって汚れるということがわかっている。ウェザーニューズと連携し、市区町村ごとのPM2.5や花粉の飛散予報のデータとAIが学習した住宅環境をもとに、その日の部屋の空気が汚れるタイミングを予測。室外から侵入したPM2.5や花粉でお部屋の空気が汚れる前に高い集じん能力をもつ可動式「アクティブクリーンフィルター」を稼働させ、先読みして空気清浄運転を行う。

エアコンを使用しない時季も、「ホコリみはり」や「カビみはり」機能で花粉やPM2.5、ハウスダストなどの空気の汚れを感知し、自動で運転を行うという。

ダイキン工業の「うるさら7(Rシリーズ)」。壁や床の温度、過去にユーザーが行なったリモコン操作履歴をAIが解析、好みの温熱環境を学習し自動で実現する
三菱電機はAIを搭載したセンサーにより部屋の温度と湿度の変化を予測、自動で最適な運転モードに切り替える「霧ヶ峰」の「FZシリーズ」と「Zシリーズ」計18機種を発売する
パナソニックのルームエアコン「エオリア WXシリーズ/Xシリーズ」はウェザーニューズが提供する気温や温度、花粉やPM2.5の拡散予測などのデータをもとに、部屋の空気の汚れを先読みして自動で空気清浄を行う
シャープでは「プラズマクラスターエアコン Xシリーズ」で温度変化と経過時間を基に部屋の性能を学習することで、効率的な冷暖房を行い節電を実現する

節電にもAIが力を発揮

AIの搭載により快適な温熱環境だけでなく節電も実現する製品も登場している。シャープが10月25日より販売を開始した無線LAN機能内蔵エアコン「プラズマクラスターエアコン Xシリーズ」は、AIがユーザーの行動パターンを学習して省エネ制御を行う。

部屋の暖房の効き方は断熱性能によって異なることから、はじめに温度変化と経過時間を基に部屋の性能を学習。さらに毎日の操作履歴からユーザーの生活パターンを学習し、効率的に冷暖房を行うことで節電を実現する。

たとえば、帰宅時などですばやく部屋を冷やしたり暖めたりするときにはフルパワーで運転を行うことが多いが、エアコンの場合、急激な立ち上がりが最も電力を消費する。そこでユーザーの生活パターンから帰宅時間を予測し、あらかじめ時間をかけて部屋を冷やしていく「省エネ立ち上げ制御」を搭載。同社は「標準的な冷房の使い方をした場合に比べて1日の積算消費電力量を約17%削減する」と話す。

住まいへのAI導入が加速している。共働き世帯の増加や高齢者世帯の増加など、生活スタイルは大きく変わり、多様化が進む。高齢者の室内での熱中症防止などへの配慮も求められている。

シャープはプラズマクラスターエアコン Xシリーズ発表時に、「いずれはリモコンを無くそうという意気込みで製品開発を行っている」と話す。IoT技術を搭載して家全体をコントロールするスマートハウスへの取り組みが進む一方で、家電や設備機器単体での進化も著しい。ルームエアコンへのAIの搭載で快適な空気環境がどれだけ手軽につくれるか、メーカー各社の動きに益々注目が高まる。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.623(2021年13号)

特集:

2050年へのカウントダウン

PV、ZEH賃貸、100%再エネ街づくりなど2050年までの「脱炭素社会」の実現に向け、社会が大きく動き出そうとしている。
政府は2030年度までに全国で少なくとも100か所の地域で先行して「脱炭素」を達成し、多くの地域で2050年を待たずに「脱炭素」を実現する方針だ。
住宅分野でも省エネ基準適合義務化、ZEH・LCCM住宅の普及拡大、太陽光発電の導入拡大に向けた施策の検討がなされている。
こうした動きを受け、今後、住宅への太陽光発電の導入や、ZEH賃貸、脱炭素まちづくりなどの“住宅脱炭素化マーケット”が本格的に拡大していきそうだ。

目次を見る

関連記事

2021.7.14

住宅 脱炭素化マーケット拡大へ

2050年へのカウントダウン

不動産に登記番号活用した共通ID発行へ

国交省、近く検討会を発足 様々なデータ連携を視野

2021.7.8

GA technologies、売上高850億円3割増を見込む

不動産テック総合サービスの会員増が売り上げ増の貢献